ルムジェブ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ルムジェブ(インスリン リスプロ)の投与による注射部位反応の原因は?

ルムジェブによる注射部位疼痛や注射部位紅斑などの注射部位反応の原因は特定されていません。

解説

ルムジェブによる注射部位疼痛や注射部位紅斑などの注射部位反応の原因は特定されていません。

<参考>

本剤は添加剤としてトレプロスチニルとクエン酸を含有しています。トレプロスチニルは、肺動脈性肺高血圧症の治療薬として承認されており、トレプロスチニル(トレプロスト)の添付文書では肺動脈性肺高血圧症の治療において持続皮下投与した際に、副作用として注射部位の局所反応(疼痛、紅斑、腫脹、熱感等)が高頻度にあらわれることがあるとされています 1。またクエン酸も、注射部位疼痛と関連することが報告されています2

[参考資料]

1. トレプロスト注射液添付文書 20198月改訂

2. Laursen T, Hansen B, Fisker S. Pain perception after subcutaneous injections of media containing different buffers. Basic Clin Pharmacol Toxicol. 2006;98(2):218-221. http://dx.doi.org/10.1111/j.1742-7843.2006.pto_271.x

最終更新日: 2020 M03 13


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約