ルムジェブ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

肝機能障害患者にルムジェブ(インスリン リスプロ)を投与する際の注意点は?

重篤な肝機能障害患者に対するルムジェブの投与は低血糖を起こしやすいため、慎重に投与して下さい。

解説

重篤な肝機能障害患者に対するルムジェブの投与は低血糖を起こしやすいため、慎重に投与して下さい1

重篤な肝機能障害患者では、肝臓及び末梢組織でのインスリン抵抗性の増加のために、インスリン必要量は通常より多くなることがあります。また、肝障害が進行してくると、血糖調節能力が低下すること、及び低血糖が遷延することがあります2,3
したがって、重篤な肝機能障害患者では、用量の設定を慎重に行って下さい。

[参考資料]

1. ルムジェブ 添付文書

2. 兼子俊男 他. POPULAR MEDICINE, 1991; 156 : 73-75

3. 河盛隆造. 糖尿病最新の治療2004-2006. 南江堂, 2004;259-262

最終更新日: 2020 M03 25


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約