ルムジェブ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

持続皮下インスリン注入療法(CSII)における不具合の発現率にルムジェブ(インスリン リスプロ)とヒューマログ(インスリン リスプロ)で違いはあるのか?

臨床試験において注入セットの不具合の発現率に、ルムジェブ投与時とヒューマログ投与時で統計学的に有意な差は見られませんでした。

解説

持続皮下インスリン注入療法(CSII)を行っている1型糖尿病患者49例を対象にルムジェブとヒューマログの投与を比較した海外第III相試験[ITSIPRONTO-Pump)試験]において、主要評価項目である投与6週間のクロスオーバー期における注入セットの不具合の発現率は、ルムジェブ投与時で0.03/30日(4.1%2/492件)、ヒューマログ投与時で0.05/30日(6.3%3/483件)であり、統計学的に有意な差は見られませんでした。いずれも注入セットの不具合の理由は「インスリンポンプの注入遮断アラーム」でした。注入セットの早期交換は、ルムジェブ投与時に1.13/30日(65.3%32/4977件)、ヒューマログ投与時に0.78/30日(52.1%25/4852件)でした 1



[参考資料]

1. ルムジェブ 承認時評価資料

最終更新日: 2020 M02 10


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約