ルムジェブ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ルムジェブ(インスリン リスプロ)の吸収速度は注射部位によって異なるのか?

腹部、上腕部もしくは大腿部の全ての皮下投与部位においてルムジェブ投与後のインスリン リスプロの濃度は、最初の薬物動態の検体採取時間である投与後 2.5 分で検出されました。

解説

健康被験者27例にグルコースクランプ施行下でルムジェブ15単位を腹部、上腕部もしくは大腿部に単回皮下投与しました。
すべての皮下投与部位においてルムジェブ投与後のインスリン リスプロの濃度は、最初の薬物動態の検体採取時間である投与後 2.5 分で検出されました。
それぞれの投与部位でのCmax及びAUC0-∞の幾何平均値の比とその90%信頼区間は、上腕部/腹部で1.04[0.922,1.18]及び1.03[0.992,1.07]、大腿部/腹部で0.832[0.737,0.940]及び1.00[0.962,1.04]であり、投与部位によって総曝露量(AUC0-∞)に統計学的な有意差は見られませんでした1,2

[参考資料]

1. ルムジェブ 承認時評価資料

2. ルムジェブ 添付文書

最終更新日: 2020 M02 12


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約