ルムジェブ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ルムジェブ(インスリン リスプロ)とヒューマログ(インスリン リスプロ)の薬物動態に違いはあるのか?

ルムジェブの最高濃度の50%に達する時間(Early 50% Tmax)はヒューマログに比べ13分短縮し、ルムジェブでAUC0-15minはヒューマログに比べ4.8倍に、AUC0-30minは2.4倍に増加し、早期のインスリン リスプロの曝露量が統計学的に有意に増加しました。

解説

日本人1型糖尿病患者31例を対象に、ルムジェブ15単位を単回皮下投与したときのインスリン リスプロの薬物動態パラメータ及び血清中濃度の推移をヒューマログ15単位と比較しました。
ルムジェブでは最高濃度の50%に達する時間(Early 50% Tmax)がヒューマログに比べ13分統計学的に有意に短縮しました。より速やかな吸収により、ルムジェブでAUC0-15minはヒューマログに比べ4.8倍に、AUC0-30min2.4倍に増加し、早期のインスリン リスプロの曝露量が統計学的に有意に増加しました。また、ルムジェブのTmax47分、ヒューマログのTmax59分でした。
インスリン リスプロの吸収促進に加え、ルムジェブではヒューマログに比べてAUC3-10h66%減少し、後期の曝露量が減少しました。さらにルムジェブの曝露持続時間(Duration)は88分短縮しました。また、ルムジェブとヒューマログとの間で、Cmax及び総曝露量であるAUC0-∞に統計学的な有意差は認められませんでした。ルムジェブ及びヒューマログの半減期の幾何平均値(変動係数%)は、35(31%)及び49(33%)でした1,2

1. 1型糖尿病患者にルムジェブ又はヒューマログ15単位単回皮下投与後の 血清中インスリン リスプロ濃度推移(平均値)

[参考資料]

1. ルムジェブ 承認時評価資料

2. ルムジェブ 添付文書

最終更新日: 2020 M02 10


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約