バクスミー ® (グルカゴン点鼻粉末)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

バクスミー(グルカゴン点鼻粉末)の副作用である悪心の発現状況、発現機序、対処法は?

国内第Ⅲ相臨床試験(IGBJ試験)では、本製剤投与例71例中4例(5.6%)で本製剤との因果関係が否定できない悪心が発現しました。

解説

国内第Ⅲ相臨床試験(IGBJ試験)では、本製剤投与例71例中4例(5.6%)で本製剤との因果関係が否定できない悪心が発現しました。悪心はいずれも3時間以内に消失しました1。グルカゴンの投与に伴う吐き気や嘔吐の発現機序は明確になっていません2

[参考資料]

1. バクスミー 承認時評価資料

2. Ranganath L, Schaper F, Gama R, Morgan L. Mechanism of glucagon-induced nausea. Clin Endocrinol (Oxf). 1999 Aug;51(2):260-1 https://doi.org/10.1046/j.1365-2265.1999.00845.x

最終更新日: 2019 M11 14


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約