ルムジェブ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

高齢者にルムジェブ(インスリン リスプロ)を投与する際の注意点は?

高齢者では生理機能が低下していることが多く、低血糖が起こりやすいので、慎重に投与して下さい。

解説

高齢者では生理機能が低下していることが多く、低血糖が起こりやすいので、患者の状態を観察しながら慎重に投与して下さい1

 

<参考>

高齢1型糖尿病患者37例(65歳以上)及び非高齢1型糖尿病患者40例(18歳以上45歳以下)にグルコースクランプ施行下でルムジェブ又はヒューマログ15単位を単回皮下投与した際の、ルムジェブ投与時の非高齢患者に対する高齢患者のCmax及びAUC0-∞の幾何平均値の比(高齢患者/非高齢患者)とその95%信頼区間は、1.08(0.894, 1.29)及び1.17(1.04, 1.32)でした。高齢患者におけるルムジェブ又はヒューマログ投与時の投与から血清中インスリン リスプロ濃度が最初に検出可能となるまでの時間(onset of appearance、平均値)は1.3及び6.7分、投与後初期の曝露量(AUC0-15min、幾何平均値)は37.8及び5.41pmol•h/Lでした(外国人データ)1,2

[参考資料]

1. ルムジェブ 添付文書

2. ルムジェブ 承認時評価資料

最終更新日: 2020年3月25日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約