ルムジェブ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ルムジェブ(インスリン リスプロ)を皮下注射する際に、注射部位はつまむのか?

注射部位をつまむ必要はありません。強くつまむと、注射の前後で血がカートリッジに逆流(逆血)することがありますので、注意して下さい。

解説

ルムジェブの取扱説明書では、ミリオペンやミリオペンHD、サビオなどの専用注入器を使う場合は 注射部位をつまむようにご案内はしておりません1,2

〈参考〉

注射針の長い針(6 mm, 8 mmなど)を使用する場合、痩せ型の人では、筋層まで達することがある為、皮膚を軽くつまんで注射した方がよいという報告があります3,4。また、皮膚をつまむとき、5本の指すべてでつまむと皮下組織とともに筋肉を挙上させてしまい筋肉内注射に繋がる可能性があり、2または3本の指で軽くつまむとそのリスクは少ないとされています5

[参考資料]

1. ルムジェブ注ミリオペン 取扱説明書 https://www.lillymedical.jp/assets/ja-jp/documents/LUM_MIRIO_UM.pdf

2. ルムジェブ注ミリオペンHD 取扱説明書 https://www.lillymedical.jp/assets/ja-jp/documents/LUM_MIRIO_HD_UM.pdf

3. 綿田 裕孝 編. ヴィジュアル 糖尿病診療のすべて 最新インスリン療法 2011: 34-41.

4. 虎石 顕一ほか. PROGRESS IN MEDICINE 2004; 24(1): 167-170.

5. Frid A, et al: New injection recommendations for patients with diabetes. Diabetes Metab 2010; 36:S3-18 doi: 10.1016/S1262-3636(10)70002-1.

最終更新日: 2020 M06 03


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約