エムガルティ ® ガルカネズマブ(遺伝子組換え)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

エムガルティ(ガルカネズマブ)の休薬・中止によってリバウンド(ベースラインからの悪化、反跳現象)は認められますか?

日本人の片頭痛(反復性及び慢性片頭痛)患者を対象とした国内第III相長期投与試験(CGAP試験)では、エムガルティ(ガルカネズマブ)投与の終了、中止後に後観察期間を4ヵ月設けていますが、後観察期間においてもベースラインからの片頭痛日数(MHD)の減少が認められています。ガルカネズマブの投与中止による反跳現象を示すエビデンスはありません。

解説


国内第III相長期投与試験(CGAP試験、安全性評価対象例311例)では、ガルカネズマブ(以下、本剤)投与の終了、中止後に後観察期間を4ヵ月設けています。対象患者311例のうち278例が12ヵ月の非盲検投与期間を完了し、このうちの277例と非盲検投与期間を中止した33例のうち24例が後観察期間に移行しました1)

1ヵ月あたりのMHD*1のベースラインからの平均変化量は以下の通りで、後観察期間においてもベースラインからのMHDの減少が認められました1)



1ヵ月あたりのMHDのベースラインからの平均変化量



CGAP試験

ベースライン時の

MHD(平均値)

ベースラインからの

変化量



12ヵ月

16ヵ月

反復性

片頭痛患者

本剤120 mg/120 mg投与群*2

58例)

5.53

-1.8

-1.5

プラセボ/本剤120 mg投与群*3

62例)

8.12

-4.3

-4.0

慢性

片頭痛患者

本剤120 mg投与群

32例)

20.21

-9.4

-8.5



*1:片頭痛又は片頭痛の疑いが起こった日数。

*2CGAN試験で本剤120 mgを投与され、CGAP試験で本剤120 mgを投与された患者。

*3CGAN試験でプラセボを投与され、CGAP試験で本剤120 mgを投与された患者。



CGAP試験の概要】1,2)

試験デザイン

多施設共同、無作為化、非盲検、長期安全性試験(国内第III相試験)

対象

CGAN試験を完了した日本人反復性片頭痛患者246例及び新規参加の日本人慢性片頭痛患者65例(計311例)

方法

ガルカネズマブ120 mg(開始用量240 mg)又は240 mg1ヵ月間隔で12ヵ月間皮下投与した注)。

投与期間

非盲検投与期間(12ヵ月)後に後観察期間(4ヵ月)を設定

注)本剤120㎎が投与された群にも初回は240㎎が投与されています。本剤の承認された用法及び用量は、「初回に240 mgを皮下投与し、以降は1ヵ月間隔で120 mgを皮下投与する。」です。


[参考資料]

1) ガルカネズマブ(エムガルティ) 承認時評価資料

2) エムガルティ 添付文書


[略語]

MedDRA = ICH国際医薬用語集日本語版

MHD = 片頭痛日数

SMQ = MedDRA標準検索式


Lillymedical.jp◆



最終更新日: 2021 M01 22


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約