フォルテオ (テリパラチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

フォルテオ(テリパラチド)投与中に新型コロナワクチンを接種してよいか?投与間隔は?

イーライリリー・アンド・カンパニーは、テリパラチドを投与している患者において 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2 )感染症 に対する新型コロナワクチンの影響を検証していません。ワクチン接種のリスクとベネフィットを考慮し、接種の可否を判断してください。

解説

イーライリリー・アンド・カンパニーは、テリパラチドを投与している患者において 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2 ) 感染症 に対する新型コロナワクチンの影響を検証していません。

またテリパラチド投与とワクチン接種の投与間隔についても検証していません。参考情報として、テリパラチドの体内での薬物動態について、単回投与試験PKは、Tmax0.25時間、T1/20.708時間でした1

なお、新型コロナワクチンの接種に関して 、 米国骨代謝学会(ASBMR) 、米国臨床内分泌学会(AACE)、内分泌学会、欧州石灰化組織学会(ECTS) 、国際骨粗鬆症財団(IOF) 、全米骨粗鬆症財団(NOF) から共同ガイダンスが発表されています。この共同ガイダンスによると、新型コロナワクチンの接種を受ける患者はテリパラチドを継続することが推奨されています2。 

添付文書上、テリパラチド投与中の患者におけるワクチン接種は制限を設けておりませんが1 、新型コロナワクチンを含めいずれのワクチンについても処方医師の臨床的判断に従うこととし、患者のリスク因子とワクチンのリスク及びベネフィットを十分に考慮し、接種の可否を判断してください。リスクが高い場合、又は緊急を要する場合は、感染症専門医に相談してください。 

[参考資料]

1. フォルテオ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Forteo/PDF/FRT_PI.pdf

2. Joint Guidance on COVID-19 Vaccination and Osteoporosis Management from the ASBMR, AACE, Endocrine Society, ECTS, IOF, and NOF. The American Society for Bone and Mineral Research. Accessed April 16, 2021. https://www.asbmr.org/about/statement-detail/joint-guidance-on-covid-19-vaccine-osteoporosis

 

Lillymedical.jp◆

最終更新日: 2021 M05 06


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約