オルミエント ® (バリシチニブ)

有害事象ご報告のお願い(適応症:COVID-19専用)
COVID-19感染拡大防止の観点により、上記のリンクに有害事象の報告方法を掲載しております。
オルミエント®をCOVID-19の治療目的で使用し、有害事象をご経験された場合はご覧ください。

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

<新型コロナウイルス感染症:COVID-19>COVID-19患者に対してオルミエント(バリシチニブ)を投与する適切な投与タイミングは?どの重症度の患者に投与したらよいか?

バリシチニブはSARS-CoV-2による肺炎患者のうち、酸素吸入、人工呼吸管理又は体外式膜型人工肺(ECMO)導入を要する患者を対象に入院下で投与を行ってください。



解説

<新型コロナウイルス感染症:COVID-19

バリシチニブはSARS-CoV-2による肺炎患者のうち、酸素吸入、人工呼吸管理又は体外式膜型人工肺(ECMO)導入を要する患者を対象に入院下で投与を行ってください1

厚生労働省が公開している新型コロナウイルス感染症診療の手引き(第4.2版)における重症度分類は以下の通りです2。本分類に準じた場合、中等症でかつ酸素投与が必要な患者(中等症Ⅱ)又は重症患者がバリシチニブの投与対象患者となります。


重症度

酸飽飽和度

臨床状態

診療のポイント

軽症

SpO296%

呼吸器症状なし

or

咳のみで呼吸困難なし

いずれの場合であっても肺炎所見を認めない

・多くが自然軽快するが、急速に病状が進行することもある

・リスク因子のある患者は入院とする

中等症

呼吸不全なし

93%SpO296%

呼吸困難、肺炎所見

・入院の上で慎重に観察

・低酸素血症があっても呼吸困難を訴えないことがある

・患者の不安に対処することも重要

中等症

呼吸不全あり

SpO293%

酸素投与が必要

・呼吸不全の原因を推定

・高度な医療を行える施設へ転院を検討

・ネーザルハイフロー、CPAP などの使用をできるだけ避け、エアロゾル発生を抑制

重症


ICUに入室

or

人工呼吸器が必要

・人工呼吸器管理に基づく重症肺炎の2分類(L 型、H 型)

L 型:肺はやわらかく、換気量が増加  

H 型:肺水腫で、ECMO の導入を検討

L 型からH 型への移行は判定が困難

新型コロナウイルス感染症診療の手引きは定期的に更新されています。最新情報は最新の手引きをご確認ください。

[参考資料]

  1. オルミエント 添付文書

  2. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き 第4.2版(診療の手引き検討委員会. 2021

[略語]

COVID-19 = SARS-CoV-2による感染症

CPAP = 持続陽圧呼吸療法

ECMO = 体外式膜型人工肺

SARS-CoV-2 = 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2

SpO2 = 経皮的動脈血酸素飽和度


Lillymedical.jp◆





最終更新日: 2021 M04 17


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約