レットヴィモ ® (セルペルカチニブ)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

レットヴィモ(セルペルカチニブ)と併用してはいけない薬剤は?併用に注意しなければならない薬剤は?

セルペルカチニブには併用禁忌の薬剤はありません。 併用に注意が必要な薬剤は、CYP2C8及びCYP3Aの基質となる薬剤、CYP3A阻害剤及びCYP3A誘導剤、胃酸のpHに影響を及ぼす薬剤とされています。

[解説]

セルペルカチニブには併用禁忌の薬剤はありません1

ただし、セルペルカチニブは、主にCYP3A4により代謝され、CYP2C8及び3Aの阻害作用を示します。また、溶解度はpHの上昇により低下します1

したがって、CYP2C8及びCYP3Aの基質となる薬剤、CYP3A阻害剤及びCYP3A誘導剤、胃酸のpHに影響を及ぼす薬剤(プロトンポンプ阻害剤、H2受容体拮抗剤、制酸剤)との併用に注意が必要です(表)1


表 併用注意(併用に注意すること) 1

薬剤名等

臨床症状・措置方法

機序・危険因子

CYP2C8 の基質となる薬剤

  レパグリニド

  ピオグリタゾン

  モンテルカスト 等

これらの薬剤の副作用が増強されるおそれがあるので、患者の状態を慎重に観察し、副作用の発現に十分注意すること。

本剤がCYP2C8を阻害することにより、これらの薬剤の血中濃度が上昇する可能性がある。

CYP3A の基質となる薬剤

  ミダゾラム

  トリアゾラム

  ロミタピド 等

これらの薬剤の副作用が増強されるおそれがあるので、患者の状態を慎重に観察し、副作用の発現に十分注意すること。

本剤がCYP3A を阻害することにより、これらの薬剤の血中濃度が上昇する可能性がある。

CYP3A 阻害剤

  イトラコナゾール

  クラリスロマイシン

  エリスロマイシン 等

本剤の副作用が増強されるおそれがあるので、これらの薬剤との併用は可能な限り避けること。やむを得ず併用する場合には、本剤の減量を考慮するとともに、患者の状態を慎重に観察し、副作用の発現に十分注意すること。

これらの薬剤がCYP3A を阻害することにより、本剤の血中濃度が上昇する可能性がある。

CYP3A 誘導剤

  リファンピシン

  フェニトイン

  ボセンタン 等

本剤の有効性が減弱するおそれがあるので、これらの薬剤との併用は可能な限り避け、CYP3A 誘導作用のない薬剤への代替を考慮すること。

これらの薬剤等がCYP3A を誘導することにより、本剤の血中濃度が低下する可能性がある。

セイヨウオトギリソウ

St. John's Wort、セント・ジョーンズ・ワート)含有製品

本剤の有効性が減弱するおそれがあるので、摂取しないよう注意すること。

プロトンポンプ阻害剤

  オメプラゾール

  ランソプラゾール

  エソメプラゾール 等

本剤の有効性が減弱するおそれがあるので、これらの薬剤との併用は可能な限り避けること。やむを得ず併用する場合には、本剤とともに食後に投与すること。

これらの薬剤による胃内pH の上昇により、本剤の吸収が低下し、本剤の血中濃度が低下する可能性がある。

H2受容体拮抗剤

  ラニチジン

  ファモチジン

  シメチジン 等

本剤の有効性が減弱するおそれがあるので、これらの薬剤との併用は可能な限り避けること。やむを得ず併用する場合には、本剤と服用時間をずらすこと(ラニチジンを本剤投与10 時間前及び2 時間後に投与したときの本剤の血中濃度への影響は限定的であった)。

制酸剤

  炭酸カルシウム

  水酸化マグネシウム

  水酸化アルミニウム 等

本剤の有効性が減弱するおそれがあるので、これらの薬剤との併用は可能な限り避けること。やむを得ず併用する場合には、本剤と服用時間をずらすこと(制酸剤を本剤投与2 時間前又は2 時間後に投与したときの本剤の血中濃度への影響は限定的であった)。



[引用元]

1. レットヴィモ 添付文書


最終更新日: 2021年9月20日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約