レイボー ® (ラスミジタンコハク酸塩)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

レイボー(ラスミジタン)の長期の安全性は?

GLADIATOR(LAHL)試験及びCENTURION(LAIJ)試験では、最長16ヵ月間(二重盲検期および非盲検期)の複数回の片頭痛発作に対してラスミジタンを投与しました。 これらの臨床試験において、ラスミジタンを複数回又は長期間、間欠投与した際に、発現割合又は重症度が高くなる有害事象は認められませんでした。また、安全性において問題となるような長期間投与に特有の有害事象も認められませんでした。

[解説]

片頭痛患者を対象とした外国第III相長期安全性試験GLADIATORLAHL)試験、及び外国第III相臨床試験CENTURIONLAIJ)試験における有害事象プロファイルは、1回の片頭痛発作に対する臨床試験である、外国第III相臨床試験SPARTANLAHK)試験及びSAMURAILAHJ)試験の有害事象プロファイルと、おおむね一致しました。また、TEAEの発現割合は1回目の片頭痛発作治療後が最も高く、2回目以降は1回目よりも低くなりました。ラスミジタンの長期安全性に関する新たな懸念は認められませんでした1-4



GLADIATORLAHL)試験》

治療回数を問わないTEAEの発現割合、治療回数を問わない副作用の発現割合、主な副作用、TE-SAE、試験中止に至ったAE及び死亡は、表13の通りです5,6


5回以上治療した被験者を対象に、15回目の発作に対するTEAEを評価したところ、治療した片頭痛発作ごとにみた、1件以上のTEAEを発現した被験者の割合は、1回目の発作ではラスミジタン100mg20.5%200mg27.5%で、5回目の発作ではそれぞれ10.9%14.5%でした(表46,7


1)治療回数を問わないTEAE及び副作用の発現割合(安全性解析対象集団)[GLADIATORLAHL)試験]5


ラスミジタン100mg

n = 991

ラスミジタン200mg

n = 1039

TEAE

44745.1

54552.5

副作用

37037.3

47645.8

n%


2)主な副作用(いずれかの群で5%以上に発現)(安全性解析対象集団)[GLADIATORLAHL)試験]5


ラスミジタン100mg

n = 991

ラスミジタン200mg

n = 1039

浮動性めまい

15215.3

21620.8

傾眠

777.8

949.0

錯感覚

515.1

848.1

疲労

464.6

605.8

悪心

353.5

535.1

n%)、MedDRA/J version 23.0


3TE-SAE、試験中止に至ったAE及び死亡(安全性解析対象集団)[GLADIATORLAHL)試験]5


ラスミジタン100mg

n = 991

ラスミジタン200mg

n = 1039

TE-SAE

3例[蜂巣炎、よう、四肢膿瘍(各1例)]

812件[胃炎(2件)、急性胆嚢炎、再発甲状腺癌、徐脈、洞結節機能不全、腰部脊柱管狭窄症、副鼻腔炎、尿路感染、腎結石症、憩室炎、子宮内膜症(各1件)]

試験中止に至ったAE

113例[主な中止理由:浮動性めまい(28例)]

148例[主な中止理由:浮動性めまい(44例)]

死亡

報告なし

治験薬との因果関係を否定できないTE-SAEは無し


4)治療した片頭痛発作ごとにみた、1件以上のTEAEを発現した被験者の割合(安全性解析対象集団、治療した片頭痛発作が5回以上の被験者)[GLADIATORLAHL)試験]6,7


1回目の発作

2回目の発作

3回目の発作

4回目の発作

5回目の発作

レイボー100mg

n=576

11820.5

7613.2

7513.0

6010.4

6310.9

レイボー200mg

n=579

15927.5

11319.5

10418.0

8915.4

8414.5

n%



CENTURIONLAIJ)試験》

CENTURIONLAIJ)試験の二重盲検期では、4回の片頭痛発作に対して、治験薬(対照群ではプラセボ3回及びラスミジタン50mg 1回、ラスミジタン群ではラスミジタン100mg又は200mg)を経口投与しました。二重盲検期終了後、一部の被験者はさらに非盲検期へ移行し、12ヵ月間に起こった複数回の片頭痛発作に対して、ラスミジタン100mgを経口投与しました。CENTURIONLAIJ)試験の非盲検期は現在進行中です8


二重盲検期

治療回数を問わないTEAEの発現割合、治療回数を問わない副作用の発現割合、主な副作用、SAE、試験中止に至ったAE及び死亡は、表57の通りです9


4回治療した被験者を対象に、14回目の発作に対するTEAEを評価したところ、治療した片頭痛発作ごとにみた、1件以上のTEAEを発現した被験者の割合は、1回目の発作ではラスミジタン100mg49.8%200mg54.8%で、4回目の発作ではそれぞれ32.0%33.2%でした(表810


5)治療回数を問わないTEAE及び副作用の発現割合(二重盲検期)(安全性解析対象集団)[CENTURIONLAIJ)試験]9


対照群(n = 500

ラスミジタン100mg

n = 485

ラスミジタン200mg

n = 486

プラセボ群

n = 500

ラスミジタン50mg群(n = 323

TEAE

18436.8

32867.6

35272.4

16232.4

5517.0

副作用

12925.8

30663.1

33869.5

11322.6

4313.3

n%


6)主な副作用一覧(いずれかの群で5%以上に発現)(二重盲検期)(安全性解析対象集団)[CENTURIONLAIJ)試験]9


対照群(n = 500

ラスミジタン100mg

n = 485

ラスミジタン200mg

n = 486

プラセボ群

n = 500

ラスミジタン50mg

n = 323

浮動性めまい

285.6

195.9

14730.3

178 36.6

錯感覚

142.8

72.2

6914.2

93 19.1

悪心

204.0

41.2

5110.5

68 14.0

疲労

132.6

61.9

5110.5

67 13.8

傾眠

102.0

20.6

326.6

53 10.9

回転性めまい

40.8

30.9

418.5

47 9.7

無力症

10.2

10.3

214.3

30 6.2

筋力低下

20.4

00.0

214.3

29 6.0

n%)、MedDRA/J version 23.0


7SAE、試験中止に至ったAE及び死亡(二重盲検期)(安全性解析対象集団)[CENTURIONLAIJ)試験]9


対照群(n = 500

ラスミジタン100mg

n = 485

ラスミジタン200mg

n = 486

SAE

78件[肝障害、子宮内膜症、自殺念慮、喘息、頭痛、嘔吐、Lung adenocarcinoma、靱帯断裂(各1件)]

78件[虫垂炎(2件)、不正子宮出血、Haemorrhoids thrombosedTracheal mass喘息、片頭痛、前庭性片頭痛(各1件)]

812件[セロトニン症候群Abscess oralMenorrhagia片麻痺性片頭痛Sensory loss、気管支炎、薬物乱用頭痛、片頭痛、手骨折、Lower limb fracture、中耳炎、上咽頭癌第3期(各1件)]

試験中止に至ったAE

6例[主な中止理由:疲労(2例)]

36例[主な中止理由:浮動性めまい(11例)]

37例[主な中止理由:浮動性めまい(9例)]

死亡

報告なし

下線 = TE-SAE

太字 = 治験薬との因果関係を否定できないTE-SAE


8)治療した片頭痛発作ごとにみた、1件以上のTEAEを発現した被験者の割合(二重盲検期)(安全性解析対象集団、治療した片頭痛発作が4回の被験者)[CENTURIONLAIJ)試験]10


1回目の発作

2回目の発作

3回目の発作

4回目の発作

プラセボ群

n=266

5119.2

3713.9

2710.2a

b

ラスミジタン100mg

n=253

12649.8

8634.0

7830.8

8132.0

ラスミジタン200mg

n=241

13254.8

11045.6

9238.2

8033.2

n%

a 3または4回目

b 左列に含む


非盲検期(中間報告)

治療回数を問わないTEAEの発現割合、治療回数を問わない副作用の発現割合、主な副作用、SAE、試験中止に至ったAE及び死亡は、表912の通りです6,7,11


4回治療した被験者を対象に、14回目の発作に対するTEAEを評価したところ、治療した片頭痛発作ごとにみた、1件以上のTEAEを発現した被験者の割合は、1回目の発作ではラスミジタン群38.0%4回目の発作では28.7%でした6,7,12


9)治療回数を問わないTEAE及び副作用の発現割合(非盲検期)(安全性解析対象集団)[CENTURIONLAIJ)試験]11


ラスミジタン群(n = 401

TEAE

24761.6

副作用

21553.6

n%

データカットオフ:2020612


10)主な副作用一覧(5%以上に発現)(非盲検期)(安全性解析対象集団)[CENTURIONLAIJ)試験]11


ラスミジタン群(n = 401

浮動性めまい

10626.4

錯感覚

5112.7

疲労

399.7

悪心

348.5

回転性めまい

328.0

傾眠

287.0

無力症

215.2

n%)、MedDRA/J version 23.0

データカットオフ:2020612


11SAE、試験中止に至ったAE及び死亡(非盲検期)(安全性解析対象集団)[CENTURIONLAIJ)試験]11


ラスミジタン群(n = 401

SAE

810件[虫垂切除、虫垂癌、事故、節足動物刺傷アレルギー、骨折治療、粉砕骨折、片頭痛、基底細胞癌、卵巣嚢胞捻転、子宮平滑筋腫(各1件)]

試験中止に至ったAE

14例[浮動性めまい(6例)、無力症(2例)、不安、運動失調、うつ病、不快感、心拍数不整、回転性めまい(各1例)]

死亡

因果関係が否定されていない死亡例の報告なし

下線 = TE-SAE

太字 = 治験薬との因果関係を否定できないTE-SAE

データカットオフ:2020612


12)治療した片頭痛発作ごとにみた、1件以上のTEAEを発現した被験者の割合(非盲検期)(安全性解析対象集団、治療した片頭痛発作が4回の被験者)[CENTURIONLAIJ)試験]12


1回目の発作

2回目の発作

3回目の発作

4回目の発作

ラスミジタン群

n=237

9038.0

7130.0

7330.8

6828.7

n%

データカットオフ:2020612



《有害事象・副作用の定義》

有害事象(TEAE

治験薬投与後48時間以内の有害事象。

重篤な有害事象(TE-SAE

治験薬投与後48時間以内の重篤な有害事象。

有害事象(AE

割り付け後、試験完了までの期間のすべての有害事象。

副作用

因果関係の否定できない治験薬投与後48時間以内の有害事象



[引用元]

  1. Brandes, JL. et al.Cephalalgia Rep, 3, 1, 2020CNS31621

  2. Ashina, M. et al.Cephalalgia, 41, 294, 2021CNS31608

  3. レイボー申請資料概要(CTD2.5.5.4.22.5.6.3)(承認時評価資料)

  4. レイボー審査報告書

  5. レイボー申請資料概要(CTD2.7.6.26.2、付録表2.7.6.26-1、付録表2.7.6.26-2、付録表2.7.6.26-42.7.4.2.1.1.3)(承認時評価資料)

  6. 社内資料(治験総括報告書GLADIATORLAHL)試験)

  7. レイボーインタビューフォーム

  8. レイボー申請資料概要(CTD2.7.6.25.1、表2.7.3.1-1、表2.7.3.1-2)(承認時評価資料)

  9. レイボー申請資料概要(CTD2.7.4.2.1.1.2、表2.7.4.2-162.7.4.2.1.4.2、表2.7.4.7-112.7.4.2.1.5.2)(承認時評価資料)

  10. レイボー申請資料概要(CTD2.7.4.2-19)(承認時評価資料)

  11. レイボー申請資料概要(CTD2.7.4.2.1.1.3、表2.7.4.7-102.7.4.2.1.4.22.7.4.2.1.5.2、表2.7.4.7-13)(承認時評価資料)

  12. レイボー申請資料概要(CTD2.7.4.7-7)(承認時評価資料)



[略語]

ICH = 医薬品規制調和国際会議

MedDRA/J = ICH国際医薬用語集日本語版


最終更新日: 2021年12月15日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約