レイボー ® (ラスミジタンコハク酸塩)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

レイボー(ラスミジタン)と片頭痛予防薬(CGRP関連薬剤を含む)を併用した際の有効性、安全性への影響は?

ラスミジタンの臨床試験成績において、頭痛消失、最も煩わしい随伴症状の消失及びTEAEの発現割合に、片頭痛予防薬の併用の有無による影響は示されませんでした。 なお、添付文書上、心拍数を減少させる薬剤(プロプラノロール)などは作用が相加的にあらわれることがあることから併用注意に設定されています。これらの薬剤との併用の際には慎重な投与をお願いいたします。

[解説]

片頭痛患者を対象とした外国第III相臨床試験SPARTANLAHK)試験及びSAMURAILAHJ)試験の併合解析、並びに国内第II相臨床試験MONONOFULAIH)試験において、片頭痛予防薬の併用は許容されていました(表1

なお、CGRP関連薬剤については、Lasmiditanの臨床試験期間中には承認されていなかったため、使用中の患者がラスミジタンを服用した臨床試験データはありません。


1)片頭痛予防薬の併用[SPARTANLAHK)試験及びSAMURAILAHJ)試験]1

抗てんかん薬

ベータ遮断剤

抗うつ薬

アンジオテンシンII受容体拮抗薬

その他

Divalproex Sodium※2

バルプロ酸ナトリウム

Topiramate※1

Metoprolol※1

プロプラノロール

Timolol※2

Atenolol※1

Nadolol※1

アミトリプチリン3

Venlafaxine※1

Candesartan※1

Botulinum Toxin Type A※1

1 国内では片頭痛予防薬として未承認(英語表記)

2 国内では未承認(英語表記)(Timolol点眼液は承認

3 国内では保険診療における片頭痛に対する適応外使用が認められている(参考:頭痛の診療ガイドライン2021



SPARTANLAHK)試験及びSAMURAILAHJ)試験の併合解析(事後解析)》

ITT集団の17.5%698/3981例)で片頭痛予防薬の併用がみられました。被験者が併用した片頭痛予防薬は、抗てんかん薬35.0%、ベータ遮断薬32.3%、抗うつ薬25.5%A型ボツリヌス毒素(Botulinum Toxin Type A※15.7%、カンデサルタン(Candesartan※11.4%でした1


初回服用2時間後に頭痛消失が認められた被験者の割合(mITT集団)に、予防薬併用の有無による影響は認められませんでした[交互作用:p=0.715(ラスミジタン50mg群)、p=0.654100mg群)、p=0.550200mg群)、ロジスティック回帰モデル41


また、初回服用2時間後に最も煩わしい随伴症状の消失が認められた被験者の割合(mITT集団)も、予防薬併用の有無による影響は認められませんでした[交互作用:p = 0.342(ラスミジタン50mg群)、p=0.523100mg群)、p=0.674200mg群)、ロジスティック回帰モデル41


なお、初回服用後に頭痛消失が認められた被験者の割合を、服用0.511.52時間後で検討したところ、予防薬併用の有無による有意な影響は認められず(交互作用:p≧0.1、ロジスティック回帰モデル4)、頭痛消失までの時間に予防薬併用による影響は示されませんでした1


4 試験、部分集団、投与群、部分集団-投与群の交互作用を説明変数としたロジスティック回帰モデル。p値が0.1未満を有意と定義



SPARTANLAHK)試験及びSAMURAILAHJ)試験の併合解析において、片頭痛予防薬の併用がTEAEの発現に及ぼす影響について検討したところ、いずれのTEAEの発現割合においても、予防薬併用による影響は示されませんでした(交互作用:p ≧ 0.1、ロジスティック回帰モデル4)(表21


2)片頭痛予防薬の併用の有無別のTEAEの発現割合(安全性解析対象集団)[SPARTANLAHK)試験及びSAMURAILAHJ)試験の併合解析]1


投与群

併用あり

併用なし

浮動性めまい

プラセボ群

6/231例(2.6%

31/1031例(3.0%

全ラスミジタン群

81/544例(14.9%

385/2633例(14.6%

錯感覚

プラセボ群

2/231例(0.9%

17/1031例(1.6%

全ラスミジタン群

44/544例(8.1%

136/2633例(5.2%

傾眠

プラセボ群

5/231例(2.2%

22/1031例(2.1%

全ラスミジタン群

22/544例(4.0%

153/2633例(5.8%

疲労

プラセボ群

2/231例(0.9%

6/1031例(0.6%

全ラスミジタン群

16/544例(2.9%

104/2633例(3.9%

悪心

プラセボ群

3/231例(1.3%

17/1031例(1.6%

全ラスミジタン群

21/544例(3.9%

86/2633例(3.3%

筋力低下

プラセボ群

0/231例(0.0%

0/1031例(0.0%

全ラスミジタン群

3/544例(0.6%

39/2633例(1.5%

感覚鈍麻

プラセボ群

1/231例(0.4%

2/1031例(0.2%

全ラスミジタン群

3/544例(0.6%

36/2633例(1.4%



MONONOFULAIH)試験》

片頭痛予防薬(プロプラノロール、ロメリジン、ベラパミル3、バルプロ酸ナトリウム又はアミトリプチリン3)の併用が、浮動性めまい及び傾眠の発現に及ぼす影響について検討したところ、予防薬の併用なしの集団と比較して、併用ありの集団で発現割合が高くなる傾向は認められませんでした(表32


3)全ラスミジタン群における片頭痛予防薬の併用の有無別の有害事象の発現割合(安全性解析対象集団)[MONONOFULAIH)試験]2


併用あり

n = 176

併用なし

n = 301

有害事象

68.8%

121例)

72.1%

217例)

 浮動性めまい

39.2%

69例)

39.5%

119例)

 傾眠

17.6%

31例)

20.3%

61例)

%(発現例数)



《評価項目の定義(MONONOFULAIH試験)

頭痛消失

頭痛の重症度が治験薬服用前の中等度又は重度から消失になること。

頭痛改善

頭痛の重症度が治験薬服用前の中等度又は重度から消失又は軽度になること。

最も煩わしい随伴症状(MBS)の消失

治験薬服用前に最も煩わしい随伴症状(MBS)として選択された片頭痛随伴症状(悪心、音過敏、光過敏のいずれか)が消失していること。


《評価項目の定義(SPARTANLAHK)試験、SAMURAILAHJ)試験)》

頭痛消失

頭痛の重症度が治験薬服用前の軽度、中等度又は重度から消失になること。

頭痛改善

頭痛の重症度が治験薬服用前の中等度又は重度から消失又は軽度になること、もしくは治験薬服用前の軽度から消失になること。

最も煩わしい随伴症状(MBS)の消失

治験薬服用前に最も煩わしい随伴症状(MBS)として選択された片頭痛随伴症状(悪心、音過敏、光過敏のいずれか)が消失していること。



《有害事象・副作用の定義》

有害事象(TEAE

治験薬投与後48時間以内の有害事象。

重篤な有害事象(TE-SAE

治験薬投与後48時間以内の重篤な有害事象。

有害事象(AE

割り付け後、試験完了までの期間のすべての有害事象。

副作用

因果関係の否定できない治験薬投与後48時間以内の有害事象。



MONONOFULAIH)試験の概要・安全性】3,4

試験デザイン

第Ⅱ相、多施設共同、前向き、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間試験

対象

日常生活への支障がある片頭痛を有する日本人成人患者846

方法

1回の片頭痛発作に対して、頭痛の重症度が中等度又は重度で改善が認められず、他の片頭痛治療薬を服用していない場合に、治験薬(プラセボ又はラスミジタン50mg100mg、もしくは200mg)を発作発現後4時間以内に服用した。

治療する発作回数

1回の片頭痛発作

安全性

副作用発現頻度は、全ラスミジタン群で67.3%321/477例)。全ラスミジタン群で最も多い副作用は浮動性めまい38.4%



SPARTANLAHK)試験の概要・安全性】5)-7

試験デザイン

第Ⅲ相、多施設共同、前向き、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間試験

対象

日常生活への支障がある片頭痛を有する外国人成人患者3005

方法

1回の片頭痛発作に対して、頭痛の重症度が中等度又は重度で改善が認められない場合に、治験薬(プラセボ又はラスミジタン50mg100mg、もしくは200mg)を発作発現後4時間以内に服用した(初回服用)。本試験では1回の片頭痛発作に対して、必要に応じて初回服用2時間後の評価完了後から初回服用後24時間以内に、レスキュー治療又は再発治療のための治験薬の追加服用又は再服用をしてもよいこととした(追加服用)。

治療する発作回数

1回の片頭痛発作

安全性

副作用発現割合は全ラスミジタン群で31.5%611/1938例)。全ラスミジタン群で初回服用後の最も多い副作用は浮動性めまい14.5%



SAMURAILAHJ)試験の概要・安全性】7-9

試験デザイン

第Ⅲ相、多施設共同、前向き、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間試験

対象

日常生活への支障がある片頭痛を有する外国人成人患者2231

方法

1回の片頭痛発作に対して、頭痛の重症度が中等度又は重度で改善が認められない場合に、治験薬(プラセボ又はラスミジタン100mgもしくは200mg)を発作発現後4時間以内に服用した(初回服用)。1回の片頭痛発作に対して、必要に応じて初回服用2時間後の評価完了後から初回服用後24時間以内に、レスキュー治療又は再発治療のための治験薬の追加服用又は再服用をしてもよいこととした(追加服用)。

治療する発作回数

1回の片頭痛発作

安全性

副作用発現頻度は、全ラスミジタン群で35.7%442/1239例)。全ラスミジタン群で初回服用後の最も多い副作用は浮動性めまい13.6%



上記の試験は承認時評価資料ですが、追加投与に関して一部承認外の成績が含まれることをご留意ください。



【レイボーの相互作用】(抜粋)

薬剤名等

臨床症状・措置方法

機序・危険因子

心拍数を減少させる薬剤

プロプラノロール

プロプラノロールと本剤を併用すると、心拍数が平均最大19.3bpm低下し、プロプラノロールを単独投与したときと比較して、更に5.1bpm減少した。

心拍数を減少させる薬剤と併用する場合は、慎重に投与する必要がある。

本剤は心拍数の減少と関連しているため、作用が相加的にあらわれることがある。



[引用元]

  1. Loo, LS. et al.J Headache Pain, 20, 84, 2019CNS31618

  2. レイボー審査報告書

  3. レイボー申請資料概要(CTD2.7.6.20.1、表2.7.3.1-1)(承認時評価資料)

  4. レイボー申請資料概要(CTD付録表2.7.6.20-2)(承認時評価資料)

  5. レイボー申請資料概要(CTD2.7.6.24.1、表2.7.3.1-1)(承認時評価資料)

  6. 社内資料(治験総括報告書 SPARTANLAHK)試験)

  7. レイボーインタビューフォーム

  8. レイボー申請資料概要(CTD2.7.6.23.1、表2.7.3.1-1)(承認時評価資料)

  9. 社内資料(治験総括報告書SAMURAILAHJ)試験)


[略語]

CGRP = カルシトニン遺伝子関連ペプチド

ITT = intent-to-treat

mITT = modified intent to treat



最終更新日: 2021年12月02日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約