レットヴィモ ® (セルペルカチニブ)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

レットヴィモ(セルペルカチニブ)の副作用「間質性肺疾患(ILD)」の発現機序、危険因子は?

セルペルカチニブ投与による間質性肺疾患(ILD)の発現機序は不明です。また、特定の背景を有する患者で増加する傾向は認められず、危険因子は特定できていません。

[解説]

セルペルカチニブ投与による間質性肺疾患(ILDの発現機序は不明です1

また、臨床データパッケージに含まれるセルペルカチニブを用いた臨床試験及び海外の製造販売後において、セルペルカチニブ投与中のILDは、年齢、性別、人種にかかわらず発現が認められ、特定の背景を有する患者で増加する傾向は認められておらず、危険因子は特定できていません1

一般に既存の肺病変(特に間質性肺炎)、抗悪性腫瘍薬の多剤併用療法は薬剤性肺障害のリスク因子(図)2とされているためILDのある患者又はその既往歴のある患者では、リスクベネフィットを検討の上投与可否を慎重にご判断いただき、ILDの発現又は悪化に注意してください。

図 一般的な薬剤性肺障害のリスク因子2

年齢60歳以上

既存の肺病変(特に間質性肺炎)

肺手術後

呼吸機能の低下

酸素投与

肺への放射線照射

抗悪性腫瘍薬の多剤併用療法

腎障害


[引用元]

1.  社内資料:レットヴィモ照会事項回答(承認時評価資料)

2.  レットヴィモ 適正使用ガイド


最終更新日: December 02, 2021


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約