マンジャロ ® (チルゼパチド)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

マンジャロ(チルゼパチド)の構造は?GIP受容体とGLP-1受容体にどの様に結合しているのか?

チルゼパチドの構造はGIPのアミノ酸配列から設計されています。 チルゼパチドはC20脂肪酸側鎖を含む39個のアミノ酸からなるペプチドであり、内因性アルブミンと結合して消失半減期が延長することにより作用が持続すると考えられています。 チルゼパチドはGIP受容体とGLP-1受容体の両方に結合しますが、GIP受容体、GLP-1受容体にどのように結合しているかについては、現時点では明確になっておりません。

[解説]

チルゼパチドの構造はGIPのアミノ酸配列から設計されています。チルゼパチドはC20脂肪酸側鎖を含む39個のアミノ酸からなるペプチドであり、内因性アルブミンと結合して消失半減期が延長することにより作用が持続すると考えられています1,2,3)


1. チルゼパチドの化学構造式1)



チルゼパチドはGIP受容体とGLP-1受容体の両方に結合しますが2)GIP受容体、GLP-1受容体にどのように結合しているかについては、現時点では明確になっておりません。





[引用元]

  1. Coskun T, Sloop KW, Loghin C, et al. LY3298176, a novel dual GIP and GLP-1 receptor agonist for the treatment of type 2 diabetes mellitus: from discovery to clinical proof of concept. Mol Metab. 2018;18:3-14.HMN30750

  2. マンジャロ電子添文

  3. マンジャロ申請資料概要CTD2.5.1.1(承認時評価資料)



[略語]

GIP=グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド

GLP-1=グルカゴン様ペプチド-1



最終更新日: 2022年9月05日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約