マンジャロ ® (チルゼパチド)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

マンジャロ(チルゼパチド)の 組織への移行性は?

雄有色ラットに[14C]標識チルゼパチドを3 mg/kgの用量で単回皮下投与したときの組織中放射能濃度は、皮下投与部位で最も高く、次いで腎臓、盲腸、膀胱、椎間靭帯、動脈壁、肺、肝臓の順でした

[解説]

雄有色ラットに[14C]標識チルゼパチドを3 mg/kgで単回皮下投与したときのチルゼパチドの組織分布を定量的全身オートラジオグラフィー法により評価しました。その結果、組織中放射能濃度は、皮下投与部位で最も高く、次いで腎臓、盲腸、膀胱、椎間靭帯、動脈壁、肺、肝臓の順でした1



1)雄有色ラットに[14C標識チルゼパチド3 mg/kgの用量で単回皮下投与したときの組織中薬物動態パラメータ1

生体試料

又は組織

AUC0-t

(ng-eq•hr)/g

AUC0-∞

(ng-eq•hr)/g

Cmax

(ng-eq/g)

Tmax

(hr)

t1/2

(hr)

動脈壁

264949

NC

4710

12

NC

血液

249473

251847

7430

12

30.6

7823

9884

248

12

40.7

6044

7045

105

12

28.8

盲腸

269421

272548

5220

48

25.0

投与部位

21155752

21170570

202000

1.0

88.5

ブドウ膜

171232

181844

3040

12

147

脂肪(腹部)

14263

16636

297

12

28.7

脂肪(褐色)

85333

92439

1550

12

53.1

椎間靭帯

389908

422161

4830

12

246

腎臓

1449494

1461997

11600

48

46.6

肝臓

272516

277770

4530

12

27.4

194817

197845

4590

12

32.5

膵臓

104393

108146

2070

12

34.7

皮膚(有色)

96869

102938

1360

24

42.6

91268

93473

2220

12

32.9

膀胱

303046

310937

5150

48

30.7

略語:AUC=投与後0時間から最終濃度測定可能時点(t)又は無限大時間(∞)までの組織中濃度−時間曲線下面積、Cmax=最高組織中濃度、Tmax=最高組織中濃度到達時間、t1/2=消失半減期、NC=算出せず


[引用元]

  1. マンジャロ申請資料概要CTD2.6.4.4.1(承認時評価資料)



最終更新日: 2022年9月05日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約