マンジャロ ® (チルゼパチド)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

マンジャロ(チルゼパチド)を長期投与した際の有効性や安全性は?

海外第3相試験[GPGM試験(SURPASS-4)]において、チルゼパチドを最大104週間(2年間)投与した際の有効性及び安全性の結果は以下のとおりでした。

[解説]

有効性≫

13種類の経口血糖降下薬(メトホルミン、スルホニル尿素薬、SGLT2阻害薬)併用下でチルゼパチド5 mg10 mg、及び15 mg群とインスリン グラルギン群を比較した海外第3相試験[GPGM試験(SURPASS-4)]において、チルゼパチドを最大104週間(2年間)投与した結果が報告されています。


ベースラインから投与52週時までのHbA1c及び体重の変化量、HbA1c7.0%未満、6.5%以下又は5.7%未満を達成した患者の割合はいずれのチルゼパチド群でもインスリン グラルギン群に比べて有意に大きくなりました(いずれもp<0.0011


1)投与52週時における各評価項目の結果[GPGM試験(SURPASS-4)]1

パラメータ

チルゼパチド
5 mg

N=329

チルゼパチド
10 mg

N=328

チルゼパチド
15 mg

N=338

インスリン    グラルギン

N=1000

HbA1c%

ベースライン

8.52±0.05

8.60±0.05

8.52±0.05

8.51±0.03

ベースラインからの変化量

-2.24±0.05

-2.43±0.05

-2.58±0.05

-1.44±0.03

群間差(チルゼパチド-インスリン グラルギン)
95%信頼区間]

-0.80
-0.92, -0.68**

-0.99
-1.11, -0.87**

-1.14
-1.26, -1.02**

--

空腹時血糖値(mg/dL

ベースライン

172.3±2.81

175.7±2.84

174.2±2.78

168.7±1.62

ベースラインからの変化量

-50.4±2.07

-54.9±2.06

-59.3±2.04

-51.4±1.17

群間差(チルゼパチド-インスリン グラルギン)
95%信頼区間]

1.0
-3.7, 5.7

-3.6
-8.2, 1.1

-8.0
12.6, -3.4*

--

体重(kg)(参考情報)

ベースライン

90.3±1.03

90.7±1.04

90.0±1.02

90.3±0.60

ベースラインからの変化量

-7.1±0.34

-9.5±0.34

-11.7±0.33

1.9±0.19

群間差(チルゼパチド-インスリン グラルギン)
95%信頼区間]

-9.0
-9.8, -8.3**

-11.4
-12.1, -10.6**

-13.5
-14.3, -12.8**

--

HbA1c7.0%未満、6.5%以下又は5.7%未満を達成した患者、例(%

<7.0%

26481**

28388**

30391**

49651

6.5%

21566**

24476**

27181**

31032 

<5.7%

7523**

10533**

14443**

333

最小二乗平均±標準誤差

有効性Estimandは、重症持続性高血糖に対するレスキュー治療を受けずに治験薬の投与を完了できたときの有効性である(有効性解析対象集団で実施)。 

* p<0.01 **p<0.0001 対インスリン グラルギン 



投与104週時の各群におけるHbA1c、空腹時血糖値及び体重は以下のとおりでした1)


2)投与104週時のHbA1c、空腹時血糖値及び体重(参考情報)1)


チルゼパチド
5 mg

N=16

チルゼパチド
10 mg

N=13

チルゼパチド
15 mg

N=18

インスリン グラルギン
N=43

投与104週時のHbA1c%

6.4

6.1

6.1

7.5

ベースラインから投与104週時までのHbA1c変化量(%

-2.2

-2.5

-2.6

-1.1

投与104週時の

空腹時血糖値(mg/dL

119.0

113.7

119.9

129.1

投与104週時の体重(kg

(参考情報)

83.6

80.8

79.2

92.9

ベースラインから投与104週時までの体重変化量(kg

(参考情報)

-5.8

-10.4

-11.1

2.3

最小二乗平均

ベースラインの全体平均:HbA1c 8.53%、空腹時血糖値171.4mg/dL、体重90.3kg


安全性≫

後観察期間の完了時までの有害事象の発現割合は以下のとおりでした1


3)有害事象の概要(安全性解析対象集団)[GPGM試験(SURPASS-4)]1


チルゼパチド

5 mg

N=329

チルゼパチド

10 mg 

N=328

チルゼパチド

15 mg

N=338

インスリン

グラルギン(N=1000

有害事象

23271

24174

25977

67968

重篤な有害事象

4815

5417

4112

19319

死亡a

155

2<1

82

354

a)死亡も重篤な有害事象に含む。        発現例数(発現割合%)      


4)いずれかの投与群で発現割合が5%以上の有害事象(安全性解析対象集団)[GPGM試験(SURPASS-4)]1


チルゼパチド

5 mg

N=329

チルゼパチド

10 mg 

N=328

チルゼパチド

15 mg

N=338

インスリン

グラルギン(N=1000

下痢

4113

6520

7422

444

悪心

3912

5316

7623

232

COVID-19

155

144

196

596

上咽頭炎

103

165

165

657

食欲減退

299

3611

3510

5<1

嘔吐

165

278

299

162

消化不良

186

278

268

131

リパーゼ増加

103

134

216

182

便秘

175

144

144

5<1

発現例数(発現割合%


5)本試験で認められた低血糖(安全性解析対象集団)[GPGM試験(SURPASS-4)]1


チルゼパチド

5 mg

N=329

チルゼパチド

10 mg 

N=328

チルゼパチド

15 mg

N=338

インスリン

グラルギン(N=1000

低血糖

血糖値≤70 mg/dL

11234

10733

12738

64164

血糖値<54 mg/dL

299

206

278

19119

重症低血糖a

1<1

0

31

111

発現例数(発現割合%

a)外部の支援を必要とする


6)本試験で認められた主要な心血管系イベント(安全性解析対象集団)[GPGM試験(SURPASS-4)]1


チルゼパチド

5 mg

N=329

チルゼパチド

10 mg

N=328

チルゼパチド

15 mg

N=338

全チルゼパチド(N=995

インスリン

グラルギン(N=1000

ハザード比*

95%信頼区間]

主要な心血管系イベント

196

175

113

475

626

0.74 0.51, 1.08

心血管死

103

1<1

52

162

212


心筋梗塞

72

93

3<1

192

263


入院が必要な不安定狭心症

0

2<1

2<1

4<1

8<1


脳卒中

52

52

1<1

111

131


発現例数(発現割合%

*インスリン グラルギンに対する全チルゼパチドのハザード比



[引用元]

  1. Del Prato S, Kahn SE, Pavo I, et al.: Tirzepatide versus insulin glargine in type 2 diabetes and increased cardiovascular risk (SURPASS-4): a randomised, open-label, parallel-group, multicentre, phase 3 trial. Lancet. 2021;398(10313):1811-1824.HMN30740



[略語]

SGLT2=ナトリウム・グルコース共役輸送体2

HbA1c=ヘモグロビンA1c

BMI=body mass index

eGFR=推算糸球体濾過量

SU=スルホニルウレア


GPGM試験(SURPASS-4) 試験概要1

試験デザイン

III相、多施設共同、無作為化、実薬対照、非盲検、並行群間試験

対象

心血管系リスクが高く、13種類の経口血糖降下薬の安定した用量による投与で血糖コントロールが不十分な2型糖尿病患者2002例(外国人)

方法

チルゼパチドを週1回、52週間皮下投与した。チルゼパチド5 mg群、10 mg群及び15 mg群のいずれでも初回投与量を2.5 mgとし、維持用量に達するまで4週間ごとに2.5 mgずつ増量し、維持用量を5 mg10 mg又は15 mgとした。用量漸増期間は最大24週間であり、最も用量漸増期間が長いチルゼパチド15 mg群では、20週間かけてチルゼパチド15 mgまで増量した後に、維持用量を4週間投与して定常状態に到達させた。

インスリン グラルギンは11回、52週間皮下投与した。開始用量は10 IU/日とし、治験実施計画書で規定されたTreat-to-Targetアルゴリズムを用いて、空腹時血糖値の目標値である100 mg/dL未満に到達するまで患者ごとに調整した。



GPGM試験(SURPASS-4) 患者背景1


チルゼパチド
5 mg

(N=329)

チルゼパチド
10 mg

(N=328)

チルゼパチド
15 mg

(N=338)

インスリン
グラルギン

(N=1000)

年齢()

62.9±8.6

63.7±8.7

63.7±8.6

63.8±8.5

女性, (%)

131 (40)

119 (36)

135 (40)

364 (36)

人種, (%)

アジア人

15 (5)

16 (5)

8 (2)

31 (3)

黒人又はアフリカ系アメリカ人

13 (4)

17 (5)

11 (3)

32 (3)

白人

260 (79)

259 (79)

285 (85)

825 (83)

罹患期間
(
)

11.1±7.1

12.0±7.5

11.5±7.5

12.0±7.7

HbA1c(%)

8.52±0.84

8.59±0.91

8.52±0.98

8.50±0.85

空腹時血糖値(mg/dL)

172.3±49.11

175.5±51.93

174.1±53.84

168.4±49.72

体重(kg)

90.3±20.32

90.6±18.21

90.0±16.34

90.2±19.00

BMI(kg/m2)

32.6±6.06

32.8±5.51

32.5±5.02

32.5±5.55

心血管系疾患既往歴有り, (%)

275 (84)

296 (90)

293 (87)

874 (87)

eGFR (mL/min/1.73 m2​)

80.3±22.66

81.4±20.44

81.6±21.22

81.5±20.78

ベースライン時に投与していた経口血糖降下薬, (%)

SGLT-2阻害剤

78 (24)

81 (25)

86 (25)

256 (26)

SU

189 (57)

181 (55)

179 (53)

537 (54)

メトホルミン

306 (93)

316 (96)

317 (94)

954 (95)

最小二乗平均±標準偏差 特に指定しない限り

mITT集団(無作為割付け後に治験薬を少なくとも1回投与されたすべての被験者)


最終更新日: 2022年9月05日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約