マンジャロ ® (チルゼパチド)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

マンジャロ(チルゼパチド)はGIP/GLP-1受容体作動薬であるが、GIPとGLP-1の作用は?

グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)及びグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)はそれぞれ体内で多面的な作用を示します。

[解説]

GIP及びGLP-1はそれぞれ体内で多面的な作用を示します。GIP受容体とGLP-1受容体の両方を活性化することにより以下の効果が得られる可能性があります1, 2, 3, 4, 5)



1 器官/組織レベルでのGIP及びGLP-1の作用の概要



[引用元]

  1. Gabery S, et al. Semaglutide lowers body weight in rodents via distributed neural pathways. JCI Insight 2020; 5(6): e133429 (HMN 30774)

  2. Seino Y, et al. GIP and GLP-1, the two incretin hormones: Similarities and differences. Journal of Diabetes Investigation 2010; 11-2: 8-23 (HMN30772)

  3. Zhang Q, et al. The glucose-dependent insulinotropic polypeptide (GIP) regulates body weight and food intake via CNS-GIPR signaling. Cell Metabolism 2021; 334: 833-844.e5 (HMN30775)

  4. Borner T, et al. GIP Receptor Agonism Attenuates GLP-1 Receptor Agonist-Induced Nausea and Emesis in Preclinical Models. Diabetes 2021; 7011: 2545-2553 (HMN30776)

  5. Nauck MA, et al. The evolving story of incretins (GIP and GLP-1) in metabolic and cardiovascular disease: A pathophysiological update. Diabetes Obesity and metabolism 2021; 23 Suppl 3: 5-29 (HMN30763)

最終更新日: 2022年9月12日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約