マンジャロ ® (チルゼパチド)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

マンジャロ(チルゼパチド)の副作用は?

チルゼパチドの重大な副作用として、低血糖、急性膵炎が報告されています。また、その他の副作用として、悪心、嘔吐、下痢、便秘、腹痛、消化不良、食欲減退等が報告されています。チルゼパチドを投与する際は、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行ってください。

[解説]

チルゼパチドの副作用として、以下が報告されています。チルゼパチドを投与する際は観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行ってください1


重大な副作用≫

低血糖(頻度不明)

低血糖症状(脱力感、高度の空腹感、冷汗、顔面蒼白、動悸、振戦、頭痛、めまい、嘔気、視覚異常等)があらわれることがあります。また、インスリン製剤又はスルホニルウレア剤との併用時に重篤な低血糖症状があらわれ意識消失を来す例も報告されています。

低血糖症状が認められた場合は、糖質を含む食品を摂取するなど適切な処置を行ってください。ただし、α-グルコシダーゼ阻害剤との併用時はブドウ糖を投与してください。


急性膵炎(0.1%未満)

嘔吐を伴う持続的な激しい腹痛等の異常が認められた場合には、チルゼパチドの投与を中止し、適切な処置を行ってください。また、膵炎と診断された場合は、再投与は行わないでください。


その他の副作用≫

副作用分類

5%以上

15%未満

1%未満

循環器



心拍数増加注) 、低血圧、血圧低下

消化器

悪心、嘔吐、下痢、便秘、腹痛、消化不良、食欲減退

腹部膨満、胃食道逆流性疾患、おくび

鼓腸

肝胆道



胆石症、胆管炎



糖尿病網膜症

注射部位


注射部位反応(紅斑、そう痒感、疼痛、腫脹等)


臨床検査


膵アミラーゼ増加、リパーゼ増加、体重減少


その他


疲労


注)心拍数の増加が持続的にみられた場合には患者の状態を十分に観察し、異常が認められた場合には適切な処置を行ってください。



[引用元]

  1. マンジャロ電子添文




最終更新日: 2022年9月06日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約