マンジャロ ® (チルゼパチド)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

2型糖尿病患者にマンジャロ(チルゼパチド)を投与した際の胃内容排出への影響は?

2型糖尿病患者で、チルゼパチド5 mgの初回投与後にアセトアミノフェンのCmaxが約50%低下及びtmaxが約1時間遅延し胃内容排出遅延作用が示唆されました。 2型糖尿病患者にチルゼパチド5 mg(固定用量)を週1回4週間反復投与したとき、4回目の投与後にタキフィラキシーが認められました。

[解説]

本試験には一部承認用法及び用量と異なる成績が含まれますが、承認時評価資料であるため掲載します。


2型糖尿病患者で、チルゼパチド5 mgの初回投与後にアセトアミノフェンCmaxが約50%低下及びtmaxが約1時間遅延し胃内容排出遅延作用が示唆されました1

2型糖尿病患者にチルゼパチド5 mg(固定用量)を週14週間反復投与したとき、4回目の投与後にタキフィラキシーが認められました1。外国人2型糖尿病患者におけるアセトアミノフェンの薬物動態パラメータに及ぼすチルゼパチドの影響の詳細は以下に示す表のとおりでした。


1)外国人2型糖尿病患者におけるアセトアミノフェンの薬物動態パラメータに及ぼすチルゼパチドの影響(GPGA試験)1,2,3

併用薬

チルゼパチド

投与量

チルゼパチド

投与

例数

併用薬に対する影響

Cmax

[95%CI]

AUC0-last

[95%CI]

tmax差(hr

[95%CI]

アセトアミノフェン 1 g1

0.5 mg2)

1回目

9/11

1.10

[0.83, 1.45]

1.11

[0.88, 1.39]

0.0

[-1.00, 1.00]

4回目

9/11

1.15

[0.87, 1.52]

1.09

[0.87, 1.37]

-0.17

[-1.00,1.00]

5 mg

1回目

8/11

0.50

[0.37, 0.66]

0.75

[0.59, 0.95]

1.00

[0.00, 2.25]

4回目

6/11

0.92

[0.67, 1.26]

1.05

[0.82, 1.36]

0.83

[-1.00, 2.00]

10 mg3)

4回目

11/11

0.64

[0.49, 0.83]

1.04

[0.84, 1.29]

1.00

[0.00, 2.00]

15 mg4)

4回目

10/11

0.60

[0.46, 0.79]

1.07

[0.86, 1.33]

1.00

[1.00, 2.00]

例数:チルゼパチド併用投与時/チルゼパチド非投与時

Cmax比及びAUC0-last比:プラセボ群に対するチルゼパチド群の最小二乗幾何平均値の比

tmax差:プラセボ群に対するチルゼパチド群の中央値の差

1)アセトアミノフェンは、チルゼパチド初回投与24時間後及びチルゼパチド4回目投与24時間後に投与された

2国内未承認用量

3)チルゼパチド551010 mgの順に週1回投与

4)チルゼパチド551015 mgの順に週1回投与


本剤の承認された用法・用量は以下のとおりです。

通常、成人には、チルゼパチドとして週15 mgを維持用量とし、皮下注射する。ただし、週12.5 mgから開始し、4週間投与した後、週15 mgに増量する。

なお、患者の状態に応じて適宜増減するが、週15 mgで効果不十分な場合は、4週間以上の間隔で2.5 mgずつ増量できる。ただし、最大用量は週115 mgまでとする。


*アセトアミノフェンは胃からはほとんど全く吸収されずに小腸から速やかに吸収されるので、胃内容物の排出速度を評価する試験薬として使用されます4)


[引用元]

  1. マンジャロ申請資料概要CTD2.7.2.2.2.2.1(承認時評価資料)

  2. Urva S, Coskun T, Loghin C, et al. The novel dual glucose-dependent insulinotropic polypeptide and glucagon-like peptide-1 (GLP-1) receptor agonist tirzepatide transiently delays gastric emptying similarly to selective long-acting GLP-1 receptor agonists Diabetes Obes Metab. 2020; 22(10):1886-1891.HMN30757

  3. マンジャロ電子添文

  4. 中田浩二. アセトアミノフェン法胃排出能検査における新しい薬理学的指標の導入による定量的な評価の試み. 臨床薬理,30,1,252-252,1999.HMN30789


[略語]

Cmax=最高濃度

AUC0-last=0時間から最終定量可能時点までの濃度時間曲線下面積

tmax=最高濃度到達時間



GPGA試験 試験概要1,2

試験デザイン

I相、多施設共同、無作為化、プラセボ対照、被験者及び評価者盲検(チルゼパチド及びプラセボ)、非盲検(デュラグルチド)、3パート試験

対象

試験に組み入れられた被験者 146例(外国人)

治験薬の投与を1回以上受けた被験者 142

パートA及びB

21歳以上70歳以下の健康被験者 89例(男性86例、女性3例)

パートC

21歳以上70歳以下の2型糖尿病患者 53例(男性28例、女性25例)

方法

パートAチルゼパチド0.250.51.02.55.08.0 mg1又はプラセボを単回皮下投与

パートBチルゼパチド、プラセボ又はデュラグルチド1.5 mg2のいずれかを週14週間皮下投与

チルゼパチドは0.51.5又は4.5 mg固定用量1を週14週間投与もしくは5/5/8/10 mg1の順に週1回用量漸増投与

パートCチルゼパチド又はプラセボのいずれかを週14週間皮下投与

チルゼパチドは0.5 mg又は5 mg固定用量1を週14週間投与もしくは5/5/10/10 mg又は5/5/10/15 mg1の順に週1回用量漸増投与


1)本剤の承認された用法・用量は以下のとおりです。

通常、成人には、チルゼパチドとして週15 mgを維持用量とし、皮下注射する。ただし、週12.5 mgから開始し、4週間投与した後、週15 mgに増量する。

なお、患者の状態に応じて適宜増減するが、週15 mgで効果不十分な場合は、4週間以上の間隔で2.5 mgずつ増量できる。ただし、最大用量は週115 mgまでとする。

2)デュラグルチドの承認された用法・用量は、デュラグルチド(遺伝子組換え)として、0.75 mgを週に1回、皮下投与です。


最終更新日: 2023年1月16日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約