トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)の投与で体重は減少するのか?

国内第3相臨床試験(GBDP試験、GBDY試験、GBDQ試験)の結果をご紹介します。

解説

デュラグルチド0.75 mgの単独療法を検討した国内第3相臨床試験(GBDP試験)において、ベースラインから26週までの変化量[最小二乗平均値]は −0.02 kgでした1

経口血糖降下薬の併用療法を検討した国内第3相臨床試験(GBDY試験)において、スルホニルウレア剤又は速効型インスリン分泌促進剤との併用療法時にはベースラインから26週までの変化量[最小二乗平均値(±標準誤差)] は-0.48 ± 0.17kgでした2

また、経口血糖降下薬の併用療法を検討した国内第3相臨床試験(GBDQ試験)において、各薬剤との併用療法時のベースラインから52週までの変化量は1の通りでした。

1. 国内第Ⅲ相臨床試験(GBDQ試験)におけるベースラインから52週までの体重の変化量2

併用薬

体重akg

スルホニルウレア剤(n=131

0.10 ± 0.24

α-グルコシダーゼ阻害剤(n=65

-1.24 ± 0.42

ビグアナイド系薬剤(n=61

-0.87± 0.40

チアゾリジン系薬剤(n=66

1.02 ± 0.35

速効型インスリン分泌促進剤(n=71

0.04 ± 0.26

a ベースラインから52週までの変化量[最小二乗平均値 (± 標準誤差)]

[参考資料]

1. Miyagawa J et al. Once-weekly glucagon-like peptide-1 receptor agonist dulaglutide is non-inferior to once-daily liraglutide and superior to placebo in Japanese patients with type 2 diabetes: a 26-week randomized phase III study. Diabetes, Obesity and Metabolism 2015; 17(10):974-983 https://dom-pubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/dom.12534

2. トルリシティ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Trulicity/PDF/TLC_PI.pdf

Lillymedical.jp◆

最終更新日: 2020 M10 28


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約