トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)投与による悪心・嘔吐の発現傾向(発現頻度、発現時期、重症度、持続期間)は?

国内第3相臨床試験で発現したデュラグルチドによる悪心、嘔吐の発現頻度はそれぞれ6.1%(56/917例)、2.2%(20例/917例)でした。悪心は初回投与後に多く、投与2回目以降の発現割合は低下しました。

国内第3相臨床試験で発現したデュラグルチドによる悪心、嘔吐の発現頻度はそれぞれ6.1%56917例)、2.2%20例/917例)でした1)

また、国内第3相臨床試験の併合解析において胃腸障害の発現時期及び持続時間を検討したところ、悪心は初回投与後に多く、投与2回目以降の発現割合は低下しました。嘔吐の発現割合には、投与期間を通して顕著な変動は認められませんでした。

悪心、嘔吐の持続期間(中央値)はそれぞれ2日、1日でした2)

なお、発現した悪心・嘔吐の重症度はいずれも軽症又は中等度でした3)



[参考資料]

1) トルリシティ インタビューフォーム

2) 陣内秀昭ほか. Progress in Medicine 2017; 37(12):1459-1465

3) トルリシティ皮下注0.75mgアテオス 承認時評価資料

最終更新日: 2017 M09 28


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約