トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

胃内視鏡(胃カメラ)検査にトルリシティ(デュラグルチド)の胃内容排出遅延作用が影響するか?通常より早く絶食しないといけないか?

決められた時間までに食事を済ませていただければ、 内視鏡検査に対し、デュラグルチドが大きく影響することは無いと考えられます。

解説

デュラグルチド1.5 mgの胃内容排出に対する影響を評価した試験(GBDM試験)では、Day 1 にプラセボを、Day 81522及び29にデュラグルチド1.5 mg又はプラセボを皮下投与し、Day 3(ベースライン:デュラグルチド投与前)及びデュラグルチドの最高血漿中濃度到達時間(tmax)に相当するDay 101724及び31にシンチグラフィーを用いた評価を実施しました。50%90%の残留放射能が胃内からなくなるまでの時間(t50t90)を残留放射能-時間曲線から求めた結果、t50Day 3(ベースライン:デュラグルチド投与前)に比べてDay 10(デュラグルチド初回投与2日後)に約2時間遅延し、t90は約3時間遅延しました1

したがって、決められた時間までに食事を済ませていただければ、内視鏡検査に対し、デュラグルチドが大きく影響することは無いと考えられます。

本情報は承認外情報を含みます。国内で承認されている用法・用量は、「通常、成人には、デュラグルチド(遺伝子組換え)として、0.75 mgを週に1回、皮下注射する」です2

[参考資料]

1. トルリシティ 申請資料概要 https://www.pmda.go.jp/drugs/2015/P20150706001/index.html

2. トルリシティ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Trulicity/PDF/TLC_PI.pdf

最終更新日: 2020 M09 16


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約