トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)の投与で膵炎を引き起こすのか?

国内第3相臨床試験(GBDQ試験)において、デュラグルチドを投与した917例中2例に膵炎発現が認められました。

解説

国内第3相臨床試験(GBDQ試験)において、デュラグルチドを投与した917例中2例に膵炎発現が認められました。いずれもスルホニルウレア剤併用群の2例が膵炎と判定されましたが、軽度又は中等度であり、腹痛を伴うことはありませんでした。2例のうち1例は薬剤性膵炎と診断され、試験を中止しました。もう1例は、超音波内視鏡下穿刺吸引術後の膵酵素異常が認められ、デュラグルチドとの因果関係は否定されました1,2

国内外の臨床試験において、急性膵炎の報告があります1。急性膵炎が発現した場合には、デュラグルチドの投与を中止し、再投与はしないで下さい。急性膵炎の初期症状(嘔吐を伴う持続的な激しい腹痛等)があらわれた場合は、使用を中止し、速やかに医師の診断を受けるよう、患者さんへの指導をお願い致します3

因果関係を問わない有害事象

[参考資料]

1. トルリシティ 審査報告書 https://www.pmda.go.jp/drugs/2015/P20150706001/530471000_22700AMX00701_A100_2.pdf

2. Emoto M, Oura T, Matsui A et al Pancreatic safety in Japanese patients with type 2 diabetes treated with once weekly dulaglutide 0.75 mg up to 52 weeks in phase 3 clinical trials. ENDOCRINE JOURNAL. 2017;64(2):191-206 https://www.jstage.jst.go.jp/article/endocrj/64/2/64_EJ16-0365/_article

3. トルリシティ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Trulicity/PDF/TLC_PI.pdf

最終更新日: 2020 M09 03


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約