トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)の投与によるHbA1c値への効果は?

国内第3相臨床試験(GBDP試験、GBDY試験、GBDQ試験)の結果、デュラグルチドの単独療法、経口血糖降下薬の併用療法において、主要評価項目としてHbA1c値の改善を認めました。

解説

国内第3相臨床試験(GBDP試験、GBDY試験、GBDQ試験)の結果、デュラグルチドの単独療法、経口血糖降下薬の併用療法において、主要評価項目としてHbA1c値の改善を認めました1

ベースラインからのHbA1c 変化量(最小二乗平均値)は、単独療法で−1.43%(投与26週時)、スルホニルウレア剤及び/又はビグアナイド系薬剤との併用療法で−1.44%(投与26週時)、各種経口血糖降下薬の単剤併用で−1.57~−1.69%(投与52週時)でした1

[参考資料]

1. トルリシティ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Trulicity/PDF/TLC_PI.pdf

Lillymedical.jp◆

最終更新日: 2020 M09 14


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約