トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)は投与後1週間以上効果が持続しているのか?

デュラグルチド単独療法での国内第3相臨床試験(GBDP試験)で、7ポイント自己測定血糖値を用いた検討の結果、血中濃度の定常状態下で7日目の血糖自己測定(SMBG)の各ポイントの血糖値のベースラインからの有意な低下が見られており、血糖降下作用が7日間にわたって持続することが確認されています。

解説

デュラグルチド単独療法での国内第3相臨床試験(GBDP試験)で、7ポイント自己測定血糖値を用いた検討の結果、血中濃度の定常状態下で7日目の血糖自己測定(SMBG)の各ポイントの血糖値のベースラインからの有意な低下が見られており、血糖降下作用が7日間にわたって持続することが確認されています1。なお、デュラグルチドの投与を中止した場合に、いつまで効果が持続するかについては検討されておらず、不明です。

[参考資料]

1. 那須理佐(日本イーライリリー). 1回投与GLP‐1受容体作動薬デュラグルチドの1週間持続した血糖降下作用. PROGRESS IN MEDICINE_(),36,11,1571-1577,2016

最終更新日: 2020 M09 14


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約