トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の回答は質問にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)の注入器(アテオス)のシリンジ内に気泡があるが大丈夫か?

本剤は、皮下に薬液を“全量”注入するため、気泡があっても投与量に影響することはありません。また、一般的に皮下注射では、薬液の中に気泡があっても安全性上の問題はないと考えます。

解説

本剤は、気泡の大きさに関わらず、一定量の薬液が充填されており、全量が投与される設計となっております。皮下に薬液を“全量”注入するため、気泡があっても投与量に影響することはありません。また、一般的に皮下注射では、薬液の中に気泡があっても安全性上の問題はないと考えます。

最終更新日: 2019 M08 07

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

オンライン面談予約