トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

他のGLP-1作動薬からトルリシティ(デュラグルチド)へ切り替え時の方法と注意点は?

他のGLP-1受容体作動薬からデュラグルチドへ切替え時の有効性および安全性を評価した臨床試験の論文報告はありません。デュラグルチドへの切替えの際は、血糖値の変動(高血糖、低血糖)を含め、十分な経過観察をお願いいたします。

[解説]

他のGLP-1受容体作動薬からデュラグルチドへ切替え時の有効性および安全性を評価した臨床試験の論文報告はありません(20222月時点)。

他のGLP-1受容体作動薬からの切替えの際には、前治療薬の効果持続期間をご考慮頂いた上で、デュラグルチドの開始時期をお決めいただくとともに、血糖値の変動(高血糖、低血糖)を含め、十分な経過観察をお願いいたします。

最終更新日: 2022年3月04日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約