トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)投与による下痢の発現機序は?

一般に、GLP-1による胃内容排出の遅延及び消化管運動の低下といった既知の作用が胃腸障害を引き起こしていると考えられています。

解説

一般に、GLP-1による胃内容排出の遅延及び消化管運動の低下といった既知の作用が胃腸障害を引き起こしていると考えられています1

また、消化管運動に関わる下痢は運動亢進の場合と運動低下の場合に分けられます。後者では、腸運動低下により腸内容が停滞し、細菌が異常増殖することで、胆汁酸の脱抱合によるミセル形成障害を来たし、脂肪吸収が阻害されて下痢を生じると考えられています2

[参考資料]

1. Baggio LL et al. International Textbook of Diabetes Mellitus, Third Edition,Chapter 12. Edited by DeFronzo RA, John Wiley & Sons, Ltd. 2004; p191-223

2. 黒川清 編集. 内科学 第2, 2分冊版[I, 文光堂. 2003; p839-844

最終更新日: 2020 M08 15


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約