トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティ(デュラグルチド)とスルホニルウレア剤を併用する場合、スルホニルウレア剤の用量はどの程度減量したらいいか?

インクレチン(GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬)の適正使用に関する委員会からのリコメンデーション(2011年9月29日修正)において、スルホニルウレア剤とGLP-1受容体作動薬の併用について注意喚起がされております。他のGLP-1受容体作動薬と同様にスルホニルウレア剤との併用の際には、こちらの資料をご参照頂きスルホニルウレア剤の減量をご検討ください。

解説

インクレチン(GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬)の適正使用に関する委員会からのリコメンデーション(2011929日修正)において、スルホニルウレア剤とGLP-1受容体作動薬の併用について注意喚起がされております1。他のGLP-1受容体作動薬と同様にスルホニルウレア剤との併用の際には、こちらの資料をご参照頂きスルホニルウレア剤の減量をご検討ください。

<参考>

詳細はリコメンデーション本文をご確認ください。

インクレチン(GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬)の適正使用に関する委員会からのリコメンデーションでは、スルホニルウレア剤ベースで治療中の患者でDPP-4阻害薬を追加投与する場合、スルホニルウレア剤は減量が望ましいとしており、1日用量として

- グリベンクラミド 1.25 mg以下

- グリクラジド 40 mg以下

- グリメピリド 2 mg以下

に減量することを推奨しています。

なお、デュラグルチドと各種経口血糖降下薬、インスリン製剤等の糖尿病治療薬との併用は、血糖降下作用を増強させる可能性があることから、併用注意と設定されています2

[参考資料]

1. インクレチン(GLP-1受容体作動薬とDPP-4阻害薬)の適正使用に関する委員会からのリコメンデーション(2011929日修正) https://www.nittokyo.or.jp/modules/information/index.php?content_id=19

2. トルリシティ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Trulicity/PDF/TLC_PI.pdf

Lillymedical.jp◆

最終更新日: 2020 M08 13


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約