トルリシティ ® (デュラグルチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルリシティアテオスを使用したときの注射部位の痛みの程度は?

Medication Delivery Device Assessment Batteryをもとにしたアンケートを用いた海外臨床試験では、211例の被験者の全投与における平均スコアは1.0±1.09(平均±標準偏差)、中央値は0.8でした。

解説

アテオスを正確に使用できるかを評価した海外臨床試験で、痛みの評価を行っています1

Medication Delivery Device Assessment Batteryをもとにしたアンケートを用いて、被験者は"0"を痛みなしとして0-11までのスコアで痛みの程度を報告しました。

その結果、211例の被験者の全投与における平均スコアは1.0±1.09(平均±標準偏差)、中央値は0.8でした。なお、全840個のデータのうち、45.7%384データ)で痛みなし(スコア0)、28.9%243データ)で弱い痛み(スコア1)でした。

また、有害事象として、注射部位疼痛1例(0.5%)が報告されました。

[参考資料]

1. Matfin G et al. Safe and Effective Use of the Once Weekly Dulaglutide Single-Dose Pen in Injection-Naïve Patients With Type 2 Diabetes. Journal of Diabetes Science and Technology. 2015 ;9(5):1071–1079 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4667342/

Lillymedical.jp◆

最終更新日: 2020 M09 16


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約