トルツ ® (イキセキズマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

インターロイキン(IL)-17Aとカンジダ感染との関連は?トルツ(イキセキズマブ)などIL-17阻害薬で真菌感染症(特にカンジダ感染)がみられる機序は?

インターロイキン(IL)-17Aはカンジダ感染に対する粘膜防御において重要な役割を担っていると考えられています。イキセキズマブはIL-17Aの作用を抑制することでカンジダ感染症を発現又は増悪させる可能性があります。

解説

インターロイキン(IL-17Aはカンジダ感染に対する粘膜防御において重要な役割を担っていると考えられています。イキセキズマブはIL-17Aの作用を抑制することでカンジダ感染症を発現又は増悪させる可能性があります。

IL-17Aは、細胞外細菌(肺炎桿菌、肺炎連鎖球菌)、寄生虫(トキソプラズマ原虫)、及び真菌(カンジダ・アルビカンス)による感染症に対する免疫応答において主要な役割を担うサイトカインとして知られており1Th17/IL-17A経路は粘膜皮膚バリア組織(消化管、呼吸器及び皮膚)における免疫監視機構を担っています。IL-17やその受容体の遺伝子に異常がある場合やTh17細胞の欠損により、カンジダ・アルビカンスによる皮膚粘膜感染症を起こしやすいことが知られています2-6。これは皮膚に常在する微生物群に反応してIL-17Aが産生されることに加え7,8IL-17Aが自然免疫反応(すなわち、抗菌ペプチド及び好中球化学誘引物質の産生)を活性化するためと考えられます。IL-17経路の欠損により、患者はカンジダ・アルビカンスに感染しやすくなる可能性があります2,9。このようにIL-17 はカンジダ感染に対する粘膜防御において重要な役割を担っていると考えられていることから3,10,11、イキセキズマブはIL-17Aの作用を抑制することで、ウイルス、細菌あるいは真菌等に対する免疫応答に影響する可能性があり、カンジダ感染症を発現又は増悪させる可能性があります12



 

[参考資料]

1. Chiricozzi A, Krueger JG. IL-17 targeted therapies for psoriasis. Expert Opin Investig Drugs. 2013;22(8):993-1005. http://dx.doi.org/10.1517/13543784.2013.806483

2. Huppler AR, Bishu S, Gaffen SL. Mucocutaneous candidiasis: the IL-17 pathway and implications for targeted immunotherapy. Arthritis Res Ther. 2012;14(4):217. http://dx.doi.org/10.1186/ar3893

3. Gaffen SL, Hernandez-Santos N, Peterson AC. IL-17 signaling in host defense against Candida albicans. Immunol Res. 2011;50(2-3):181-187. http://dx.doi.org/10.1007/s12026-011-8226-x

4. Hernandez-Santos N, Gaffen SL. Th17 cells in immunity to Candida albicans. Cell Host Microbe. 2012;11(5):425-435. http://dx.doi.org/10.1016/j.chom.2012.04.008

5. Yong PF, Freeman AF, Engelhardt KR, et al. An update on the hyper-IgE syndromes. Arthritis Res Ther. 2012;14(6):228. http://dx.doi.org/10.1186/ar4069

6. Blauvelt A, Brown M, Gordon KB, et al. Updates on psoriasis and cutaneous oncology: proceedings from the 2013 MauiDerm meeting. J Clin Aesthet Dermatol. 2013;6(9 suppl):S9-S20. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3809592/pdf/jcad_6_9_suppl.pdf

7. Naik S, Bouladoux N, Wilhelm C, et al. Compartmentalized control of skin immunity by resident commensals. Science. 2012;337(6098):1115-1119. http://dx.doi.org/10.1126/science.1225152

8. Naik S, Bouladoux N, Linehan JL, et al. Commensal–dendritic-cell interaction specifies a unique protective skin immune signature. Nature. 2015;520(7545):104-108. http://dx.doi.org/10.1038/nature14052

9. Conti HR, Gaffen SL. IL-17-mediated immunity to the opportunistic fungal pathogen Candida albicans. J Immunol. 2015a;195(3):780-788. http://dx.doi.org/10.4049/jimmunol.1500909

10. Puel A, Cypowyj S, Bustamante J. et al. Chronic mucocutaneous candidiasis in humans with inborn errors of interleukin-17 immunity. Science. 2011;332(6025):65-68. http://dx.doi.org/10.1126/science.1200439

11. Cypowyj S, Picard C, Marodi L, et al. Immunity to infection in IL-17-deficient mice and humans. Eur J Immunol. 2012;42(9):2246-2254. http://dx.doi.org/10.1002/eji.201242605

12. トルツ 承認時評価資料

最終更新日: 2019 M09 22


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約