トルツ ® (イキセキズマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルツ(イキセキズマブ)が結合するインターロイキン(IL)-17Aは、正常時、乾癬罹患時はどのような状態になっているか?

正常時には、細胞外病原体に対しT細胞サブセットが適切に活性化され、細胞外病原体の排除に働くほか、メモリーT細胞が産生されます。乾癬罹患時にはTh17 細胞の過剰な活性化及びインターロイキン(IL)-17A の過剰な産生が生じていると考えられています。

[解説]

[正常時]

インターロイキン(IL-17Aの主要な機能は、細胞外細菌及び真菌の感染に対する宿主防御、好中球の恒常性維持及び病原性の慢性炎症の誘導です1) 2)。正常時には、細胞外病原体に対しT細胞サブセットが適切に活性化され、細胞外病原体の排除に働くほか、メモリーT細胞が産生されます。


[乾癬罹患時]

乾癬患者の皮膚において、IL-17A発現の増加、血中及び病変部位のTh17細胞数増加が報告されています3)5)。また、関節症性乾癬患者においても、血中のTh17細胞の増加6)、皮膚病変及び滑液中のIL-17A発現量の増加が報告されています7)。したがって、乾癬罹患時にはTh17細胞の過剰な活性化及びIL-17Aの過剰な産生が生じていると考えられています8) 9)



[引用元]

  1. Stark, M. A. et al.: Immunity, 22(3): 285-294, 2005AIM00097

  2. Cua, D. J. et al.: Nature Reviews Immunology, 10(7): 479-489, 2010AIM00088

  3. Lowes, M. A. et al.: Journal of Investigative Dermatology, 128(5): 1207-1211, 2008AIM00095

  4. Kagami, S. et al.: Journal of Investigative Dermatology, 130(5): 1373-1383, 2010AIM00093

  5. Chiricozzi, A. et al.: Journal of Investigative Dermatology, 131(3): 677-687, 2011AIM00087

  6. Jandus, C. et al.: Arthritis and Rheumatism, 58(8): 2307-2317, 2008AIM00092

  7. Suzuki, E. et al.: Autoimmunity Reviews, 13(4-5): 496-502, 2014AIM00098

  8. Miossec, P. et al.: The New England Journal of Medicine, 361(9): 888-898, 2009AIM00096

  9. Gaffen, S. L. Et al.: Nature Reviews Immunology, 14(9): 585-600, 2014AIM00090

最終更新日: 2022年8月12日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約