トルツ ® (イキセキズマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルツ(イキセキズマブ)の注射部位反応を防止する方法、注射部位の疼痛・痛みを緩和する方法は?

注射部位の掻痒などの症状には、ステロイド薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の外用剤や内服薬の投与を行うことがあります。注射液が冷たいと痛みを感じることがありますので、注射液を室温に戻すことが望ましいです。また、注射部位疼痛に対する一般的な対処として、注射前に注射部位を冷却するなどの方法があります。

解説

注射部位の掻痒などの症状には、ステロイド薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の外用剤や内服薬の投与を行うことがあります。注射部位疼痛に対しては、注射液が冷たいと痛みを感じることがありますので、注射液を室温に戻すことが望ましいです。また、注射部位疼痛に対する一般的な対処として、注射前に注射部位を冷却するなどの方法があります。

[注射部位反応]

掻痒(そう痒)などの症状が認められた場合は、ステロイド薬、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の外用剤や内服薬の投与を行うことがあります1

[注射部位疼痛]

注射液が冷たいと痛みを感じることがありますので、投与30分前に冷蔵庫から取り出し、室温に戻しておくことが望ましいです2

また、注射部位の痛みに対する一般的な対処法としては以下のような方法が報告されています3,4

  • 注射部位をあらかじめ冷却しておく

  • 周囲圧迫方法(注射部位の近くを親指で圧迫しておき、注射して、針を抜くときも同様に圧迫しながらゆっくり抜く。意識が圧迫部位に移るので痛みの軽減になる)

  • 話しかけ等して気を紛らわす

  • 腹部をへこませる(患者の注意が注射の痛みより腹部をへこませることに向けられる)など


 

[参考資料]

1. トルツ 適正使用ガイド https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Taltz/PDF/TAL_TEKISEI_GUIDE.pdf

2. トルツ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Taltz/PDF/TAL_PI.pdf

3. 宮坂勝之. Expert Nurse(和) 2004; 20(8):19-20

4. 竹林牧子. Expert Nurse(和) 2004; 18(13):56-57

最終更新日: 2019 M09 27


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約