トルツ ® (イキセキズマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

トルツ(イキセキズマブ)を投与する際の痛みの少ない注射部位は?

イキセキズマブの注射部位別の痛みの違いについては、検討されていません。

イキセキズマブの注射部位別の痛みの違いについては、検討されていません。


一般的に、比較的痛点の分布が少ない部位は、上腕外側部、腹壁、大腿外側部といわれており、皮下注射の場合、上腕三頭筋部又は三角筋の皮下は神経や血管の損傷を起こすことが少なく、さらに痛みも少ない部分なので適しているといわれています1)


<参考>

添付文書より

注射部位は、大腿部、腹部又は上腕部が望ましい。同じ部位の中で注射する場合、毎回注射する箇所を変更すること。また、可能な限り皮膚が敏感な部位、傷、発赤、硬結がある部位、乾癬の部位には注射しないこと。


[参考資料]

1) 竹林牧子. Expert Nurse(和) 2004; 18(13):56-57


最終更新日: 2019 M09 27


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約