トルツ ® (イキセキズマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

インターロイキン(IL)-17と発がんとの関連は?トルツ(イキセキズマブ)によって悪性腫瘍が発生するリスクは上がるか?

インターロイキン(IL)-17Aは血管新生誘導、炎症性サイトカイン・ケモカインの産生亢進、炎症性細胞の動員及び腫瘍細胞の生存促進作用を有することが示唆されています。イキセキズマブによるIL-17A中和作用に起因する悪性腫瘍の発生リスクの増加は示唆されていません。

[解説]

インターロイキン(IL-17Aと腫瘍形成に関する文献の一部には、IL-17Aの抗腫瘍効果を示唆するものもある一方で、多くの公表文献ではIL-17Aは腫瘍形成を促進する方向に作用することが示されています。すなわち、種々の腫瘍において高レベルのIL-17Aが発現しており、IL-17Aの発現は転帰が悪いことと関連するとされ、IL-17Aは血管新生誘導、炎症性サイトカイン・ケモカインの産生亢進、炎症性細胞の動員及び腫瘍細胞の生存促進作用を有することが示唆されています1),2),3),4),5),6),7),8),9)

さらに、移植腫瘍細胞において、IL-17A遺伝子又はIL-17受容体遺伝子ノックダウン又はノックアウトあるいは抗IL-17A抗体を用いた研究の多くで腫瘍増殖が抑制されることが報告されています7),10),11),12)

イキセキズマブによるIL-17A中和作用に起因する悪性腫瘍の発生リスクの増加は示唆されていません12)


[引用元]

1) Tartour E et al. Cancer Res. 1999;59(15):3698-3704

2) Kato T et al. Biochem Biophys Res Commun. 2001;282(3):735-738

3) Cirée A et al. Int J Cancer. 2004;112(1):113-120

4) Numasaki M et al. Blood. 2003;101(7):2620-2627

5) Numasaki M et al. J Immunol. 2005 Nov 1;175(9):6177-6189

6) Kryczek I et al. J Immunol. 2007 Jun 1;178(11):6730-6733

7) Nam JS et al. Cancer Res. 2008;68(10):3915-3923

8) Liu J et al. Biochem Biophys Res Commun. 2011;407(2):348-354

9) Li J et al. PLoS One. 2011;6(7):e21816

10) Wang L et al. J Exp Med. 2009;206(7):1457-1464

11) He D et al. J Immunol. 2010;184(5):2281-2288

12) トルツ 申請資料概要(承認時評価資料) CTD2.6.6.5


最終更新日: September 22, 2019


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約