ジェムザール ® (ゲムシタビン塩酸塩)

(ゲムシタビン塩酸塩)

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジェムザール(ゲムシタビン)による血管痛の頻度は?

注射部位反応(静脈炎、疼痛、紅斑)として、1~10%で認められています。

解説

国内のジェムザール単独投与の臨床試験において認められた発現頻度として、注射部位反応(静脈炎、疼痛、紅斑)は、1~10%で認められています1

非小細胞肺癌の使用成績調査(安全性評価対象例2110例)における注射部位疼痛は、 14件(0.66%)でした。その他、注射部位反応に関連する毒性として、注射部位静脈炎 9件(0.43%)、注射部位紅斑 5件(0.24%)、注射部位硬結 1(0.05%)、注射部位発疹 1(0.05%)、注射部位小水疱 1(0.05%)、注射部位腫脹 1(0.05%)と報告されています2

また、ジェムザール単剤投与による5つの海外臨床試験(979例)において、注射部位に関する毒性は4%で認められています3

[参考資料]

1. ジェムザール 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Gemzar/PDF/GEM_PI.pdf

2. ジェムザール 使用成績調査のまとめ(非小細胞肺癌) https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Gemzar/PDF/GEM_PMS_NSCLC.pdf

3. ジェムザール 米国添付文書

最終更新日: 2017 M09 28

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約