ジェムザール ® (ゲムシタビン塩酸塩)

(ゲムシタビン塩酸塩)

添付文書

以下の回答は質問にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジェムザール(ゲムシタビン)の発疹が発現した場合は、どのような対処をすればいいですか?

臨床試験時の発疹の程度はほとんどがグレード1(軽度)で、必ずしも薬剤による処置を必要とはしませんでしたが、症例によっては、ステロイドや抗ヒスタミン薬を使用した症例もあります。

解説

治験時の発疹の程度はほとんどがグレード1(軽度)で、必ずしも薬剤による処置を必要とはしませんでしたが、症例によっては、ステロイドや抗ヒスタミン薬を使用した症例もあります。


<発疹に対する処置について>

ジェムザールの発疹の対処法について発疹発現例6例について検討した海外の報告では、経口抗ヒスタミン剤および局所コルチステロイドでコントロール可能であり、実際にはプレドニゾロン (0.5 mg/kg)が必要になることもまれで、ジェムザール投与後3日間の経口抗ヒスタミン剤投与により発疹の再発が抑えられるか、又はその程度が軽減されたとされています1

また、発疹発現例7例について検討した国内の報告においても、治療により改善したと報告されています2

 

<発疹の再発・再燃について>

発疹が見られた症例では、ジェムザール投与毎に、繰り返し発疹が発現する場合があります。

発疹の再発・再燃に関して、発疹発現例6例について検討した海外の報告では、24時間以内にジェムザールを再投与した場合には、より広汎な範囲で、より早期に発疹の再発、悪化がおこることが認められています1

また、発疹発現例7例について検討した国内報告では7例中4例が皮疹の再燃・増悪が認められたとされています2

 


[参考資料]

1. Chen YM et al. Journal of Clinical Oncology 1996; 14(5):1743-1744

2. 杉山昌秀ほか. 日本病院薬剤師会雑誌 2008; 44(8):1237-1239

最終更新日: 2019 M06 18

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

オンライン面談予約