ジェムザール ® (ゲムシタビン塩酸塩)

(ゲムシタビン塩酸塩)
添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

腎機能が低下している患者にジェムザール(ゲムシタビン)を投与する場合の減量規定はありますか?

腎障害のある患者におけるジェムザールの投与量について、確立された減量規定はありません。

解説

腎障害のある患者におけるジェムザールの投与量について、確立された減量基準はありません。

腎機能が低下している患者では、副作用があらわれやすくなることがありますので、慎重に投与してください1

海外では腎障害のある患者を対象とした臨床試験が報告されており、腎機能が低下している患者(クレアチニン1.63.2 mg/dl)を対象とした海外第Ⅰ相試験の結果、薬物動態に大きな違いは認められませんでした2。この報告では、ジェムザールを腎障害患者に投与する場合は慎重に投与すべきであり、発現した副作用に一貫性がなかったため、推奨量は決定することはできなかったと述べられています2

また、腎障害患者を対象とした別の海外第Ⅰ相試験の結果では、ジェムザールのクリアランスと腎の状態の指標との間には、有意な相関はなく、軽度から中等度の腎障害は、ジェムザールの薬物動態に影響しないと考えられ、ジェムザール5001000 mg/m2day1,8,154週スケジュールで投与することは忍容可能であると述べています3

[参考資料]

1. ジェムザール 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Gemzar/PDF/GEM_PI.pdf

2. Venook A. P, Egorin M. J, Rosner G. L, et al. Phase I and Pharmacokinetic Trial of Gemcitabine in Patients With Hepatic or Renal Dysfunction: Cancer and Leukemia Group B 9565. Journal of Clinical Oncology. 2000;18(14):2780-2787. https://doi.org/10.1200/JCO.2000.18.14.2780

3. Delaloge S, Llombart A, Palma M. D, et al. Gemcitabine in Patients With Solid Tumors and Renal Impairment: A Pharmacokinetic Phase I Study. American Journal of Clinical Oncology. 2004;27(3):289-293. https://doi.org/10.1097/01.COC.0000071382.14174.C5

最終更新日: 2020 M08 12


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約