フォルテオ (テリパラチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

フォルテオ(テリパラチド)を24ヵ月間投与した後、休薬期間を設ければ、再投与することは可能ですか?

承認用法として、フォルテオの最長投与期間は24ヵ月となっております。フォルテオを24ヵ月間投与した後は、生涯にわたり再投与はしないでください。

解説

承認用法として、フォルテオの最長投与期間は24ヵ月となっております1。フォルテオを24ヵ月間投与した後は、生涯にわたり再投与はしないでください。
また、フォルテオを処方する際には、投与上限を超えて注射しないよう指導すると共に、患者さんがフォルテオによる治療を行っている(もしくは過去に行ったことがある)かどうかを必ず確認してください。

7. 用法及び用量に関連する注意(添付文書抜粋)1

7.1 本剤を投与期間の上限を超えて投与したときの安全性は確立していないので、本剤の適用にあたっては、投与期間の上限を守ること。[15.2 参照],[17.1.1 参照],[17.1.2 参照]

7.2 本剤の投与をやむを得ず一時中断したのちに再投与する場合であっても、投与日数の合計が24ヵ月を超えないこと。また、24ヵ月の投与終了後、再度24ヵ月の投与を繰り返さないこと。

[参考資料]

1. フォルテオ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Forteo/PDF/FRT_PI.pdf

Lillymedical.jp◆

最終更新日: 2020 M10 12


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約