フォルテオ (テリパラチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

フォルテオ(テリパラチド)を投与する際、カルシウム製剤、ビタミンD製剤を併用したほうがよいですか?

通常、副甲状腺ホルモン(PTH)は、腎臓に作用してビタミンDの活性化を補助します。ビタミンDが不足すると、体内のカルシウム値が減少傾向に傾き、骨形成されにくい状態になると考えられます。 国内臨床試験では、本剤の他、基礎治療としてカルシウム(610mg/日)及びビタミンD(400IU/日)(※天然型ビタミンDは国内に処方箋薬はありません。)を補給しておりました。 なお、ビタミンD製剤と併用を行う際は、血中カルシウム濃度の上昇に十分注意してください。

解説

通常、副甲状腺ホルモン(PTH)は、腎臓に作用してビタミンDの活性化を補助します。活性化されたビタミンDは、腸管からのカルシウム吸収を促進させる作用を持ちます。ビタミンDが不足すると、この作用が発揮しにくくなり、体内のカルシウム値が減少傾向に傾き、骨形成されにくい状態になると考えられます。

 国内臨床試験では、本剤の他、基礎治療としてカルシウム(610mg/日)及びビタミンD400IU/日)(※天然型ビタミンDは国内に処方箋薬はありません。)を補給しておりました1,2

しかし一方で、活性型ビタミンD製剤の併用により、相加的に血清カルシウム値が増加することが懸念されており、活性型ビタミンD製剤との併用には注意が必要です(添付文書:併用注意(活性型ビタミンD製剤、アルファカルシドール)3)。(参照:Q&A:フォルテオ(テリパラチド)を活性型ビタミンD製剤と併用してもよいですか?) 

天然型ビタミンD製剤(※天然型ビタミンDは国内に処方箋薬はありません。)と併用を行う際も、血中カルシウム濃度の上昇に十分注意し、嘔気・嘔吐、便秘、嗜眠及び筋力低下等の持続性の血清カルシウム値上昇が疑われる症状が認められた場合は、本剤の投与を中止し速やかに診察を受けるように指導してください。

[参考資料]

1. フォルテオ インタビューフォーム https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Forteo/PDF/FRT_IF.pdf

2. フォルテオ 承認時評価資料

3. フォルテオ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Forteo/PDF/FRT_PI.pdf

最終更新日: 2019 M02 28


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約