フォルテオ (テリパラチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

フォルテオ(テリパラチド)は小児の骨粗鬆症に使えますか?

小児及び若年者等で骨端線が閉じていない患者へのフォルテオの投与は禁忌です。

解説

小児及び若年者等で骨端線が閉じていない患者へのフォルテオの投与は禁忌です。

これらの患者に対する使用経験はなく、一般に骨肉腫発生のリスクが高いと考えられています。

 

なお、骨端線の閉鎖が確認できていない若年者への投与を検討する際には、閉鎖しているかを確認していただきますようお願いします。また、たとえ骨端線が閉鎖していても、閉経前の骨粗鬆症患者では安全性及び有効性は確立していないため、投与は推奨できません1

<参考>

生理的に骨代謝が活発な時期であり、イヌ及びヒトにおいて成長期の骨の発達スピードと骨肉腫の発症の関連性を示唆する報告があります2-5

[参考資料]

1. フォルテオ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Forteo/PDF/FRT_PI.pdf

2. フォルテオ インタビューフォーム https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Forteo/PDF/FRT_IF.pdf

3. Withrow SJ, Powers BE, Straw RC, al.: Clin Orthop Related Res. 1991; 270: 159-168

4. Tjalma RA: J Natl Cancer Inst. 1966; 36(6): 1137-1150

5. Cottrell SJ, Wright CM, Pearce MS, et al.: Pediatr Blood Cancer. 2004; 42(1): 59-63

最終更新日: 2019 M07 03


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約