フォルテオ (テリパラチド(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

原発性の悪性骨腫瘍と転移性骨腫瘍のある患者にフォルテオ(テリパラチド)が禁忌とされている理由(根拠)は何ですか?

フォルテオは骨芽細胞の分化促進によって骨形成を促進させる作用があり、細胞増殖疾患である骨腫瘍のある患者では症状が悪化するおそれがあるためです。

解説

フォルテオは骨芽細胞の分化促進によって骨形成を促進させる作用があり、細胞増殖疾患である骨腫瘍のある患者では症状が悪化するおそれがあるためです1

このような患者にはフォルテオの投与は避けてください。

[参考資料]

1. フォルテオ インタビューフォーム https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Forteo/PDF/FRT_IF.pdf

最終更新日: 2019 M07 04

お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

Ask us a question チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約