ジプレキサ ® (オランザピン)

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

ジプレキサ(オランザピン)の統合失調症の各症状に対する作用機序(薬理作用)は?

ジプレキサによる統合失調症の各症状の改善は、下記の作用機序によると考えられています。

ジプレキサによる統合失調症の各症状の改善は、下記の作用機序によると考えられています1),2),3)


【臨床症状と想定作用機序】

<陽性症状の改善>

・辺縁系領域のドパミン受容体遮断

・グルタミン酸系の賦活

α1アドレナリン受容体


<陰性症状の改善>

・前頭前野でのドパミン、ノルエピネフリン/ノルアドレナリンの増加

・セロトニン受容体遮断

・グルタミン酸系の賦活


<認知症状の改善>

・前頭前野でのドパミン、ノルエピネフリン/ノルアドレナリンの増加

・軽度の前頭前野でのドパミン受容体遮断

・セロトニン受容体遮断


<抑うつ症状の改善>

・前頭前野でのドパミン、ノルエピネフリン/ノルアドレナリンの増加

・セロトニン受容体遮断



[参考資料]

1) 山口 高史ほか.臨床精神薬理 2001; 4(7): 919-930.

2) Frank P Bymaster, et al. 臨床精神薬理 1999; 2(8): 885-911.

3) KURT Rasmussen, et al. 最新精神医学 2013;18(2):161-170.

最終更新日: June 17, 2019


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約