ヒューマリン ® (インスリン ヒト(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

腎障害、透析患者へヒューマリン(インスリンヒト)を投与することはできるか?

重篤な腎機能障害患者に対するインスリンの投与は、低血糖を起こしやすいため、慎重投与となっています。 重篤な腎機能障害のある患者では、用量の設定を慎重に行ってください。

解説

軽度の腎機能障害(GFR40mL/min)では、腎臓のインスリンクリアランスに変化を認めませんが、GFR1520mL/min以下になるとインスリンクリアランスが低下、インスリンの血中半減期は延長することが知られています12

 ただし、具体的にどのくらい作用時間が延長するかなどは、患者さんにより異なるため、血糖値を測定しながら適宜調整が必要ですのでご注意ください。

〈参考〉

透析患者におけるインスリン療法については、日本透析医学会の「血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012 3にもまとめられています。

[参考資料]

1. ヒューマログ インタビューフォーム https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Humalog/PDF/HLG_IF.pdf

2. 石川 和夫ほか. 臨床透析 1987; 3(1): 23-26.

3. 日本透析医学会. 日本透析医学会雑誌 2013; 46(3): 311-357.

最終更新日: 2019 M06 13


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約