ヒューマログ ® (インスリン リスプロ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

皮下注射時のヒューマリン(インスリン ヒト)/ヒューマログ(インスリンリスプロ)の吸収速度は注射部位によって異なるのか?

インスリンは投与部位により吸収速度が異なり、その結果作用発現時間が異なるので部位を決め、その中で注射場所を毎回変えてください。

[解説]

皮下注射は、腹部、大腿部、上腕部、臀部等に行う。投与 部位により吸収速度が異なり、その結果作用発現時間が異なるの で部位を決め、その中で注射場所を毎回変えること。前回の注射 場所より23cm離して注射すること1-6

インスリンの注射部位は、腹部、大腿部、上腕部、臀部等に行いますが、腹部は他部位に比較し安定して速やかに早く効くとされています7


<注射部位別の吸収速度を比較した報告>

1)ヒトインスリンでの報告8

ヒトインスリンで比較した報告があります。

この報告では血清インスリン濃度のピーク時間が、腹部、臀部、上腕、大腿の順に、1.5時間、1.6時間、1.7時間、3.0時間となっています(Table7)

 

2)インスリンリスプロ(ヒューマログ)とヒトインスリンの比較報告(リリー実施の試験)9

インスリン リスプロとレギュラーヒトインスリンで腹部、上腕部、大腿部の皮下注射部位からの吸収を比較した報告があります(グルコースクランプ法を用いて実施)。

注射部位からの吸収はレギュラーインスリンと同様、インスリン リスプロでも腹部に投与した場合に、最もグルコースの注入速度が速く、作用持続時間も他の注射部位に比べて短くなっていますが、投与部位による吸収速度の差はインスリン リスプロの方が小さかったとされています。

[引用元]

1. ヒューマログ注カート/ヒューマログ注ミリオペン/ヒューマログ注ミリオペンHD 添付文書

2. ヒューマログミックス25注カート/ヒューマログミックス25 注ミリオペン 添付文書

3. ヒューマログミックス50注カート/ヒューマログミックス50注ミリオペン 添付文書

4. ヒューマリンR注カート/ヒューマリンR注ミリオペン 添付文書

5. ヒューマリン3/7注カート/ヒューマリン3/7注ミリオペン 添付文書

6. ヒューマリンN注カート/ヒューマリンN注ミリオペン 添付文書

7. 日本糖尿病学会, 糖尿病専門医研修ガイドブック改訂第7, 注射薬の適応と処方, 242-268, 2017

8. Galloway JA et al. Factors Influencing the Absorption, Serum Insulin Concentration, and Blood Glucose Responses After Injections of Regular Insulin and Various Insulin Mixtures. Diabetes Care 1981; 4(3):366-376

9. Ter Braak EW, Woodworth JR, Bianchi R, et al. Injection site effects on the pharmacokinetics and glucodynamics of insulin lispro and regular insulin. Diabetes Care. 1996;19(12):1437-1440.


最終更新日: 2020年5月13日


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約