サイラムザ ® (ラムシルマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

サイラムザ(ラムシルマブ)の投与に際しては、特にどのような患者で出血に対する注意が必要か?

出血素因や凝固系異常のある患者又は抗凝固剤を投与している患者は、慎重投与の対象です。出血があらわれるおそれがあるため、慎重に投与の可否を検討してください。 また、消化管出血等の出血が認められている患者も、慎重投与の対象です。出血が増強されるおそれがあるため、慎重に投与の可否を検討してください。

解説

出血素因や凝固系異常のある患者又は抗凝固剤を投与している患者は、慎重投与の対象です1。出血があらわれるおそれがあるため、慎重に投与の可否を検討してください1

また、消化管出血等の出血が認められている患者も、慎重投与の対象です。出血が増強されるおそれがあるため、慎重に投与の可否を検討してください1

なお、適切な患者選択に際しては初回投与前チェックリストをご利用ください2-5

[参考資料]

1. サイラムザ 添付文書 https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cyramza/PDF/RAM_PI.pdf

2. サイラムザ 適正使用ガイド(胃癌編) https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cyramza/PDF/RAM_TEKISEI_GUIDE_GC.pdf

3. サイラムザ 適正使用ガイド(結腸・直腸癌編) https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cyramza/PDF/RAM_TEKISEI_GUIDE_CRC.pdf

4. サイラムザ 適正使用ガイド(非小細胞肺癌編) https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cyramza/PDF/RAM_TEKISEI_GUIDE_NSCLC.pdf

5. サイラムザ適正使用ガイド(肝細胞癌編) https://www.lillymedical.jp/jp/JA/_Assets/non_public/Cyramza/PDF/RAM_TEKISEI_GUIDE_HCC.pdf

最終更新日: 2019 M06 22


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約