サイラムザ ® (ラムシルマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下の情報はご要望にお答えするためのものであり、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる可能性がありますのでご注意ください。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

≪肺癌:化学療法既治療≫ サイラムザ(ラムシルマブ)とドセタキセル併用投与による発熱性好中球減少症に対して抗菌剤の予防投与は必要か?

日本人の進行再発非小細胞肺癌患者へのラムシルマブ及びドセタキセルの併用投与による発熱性好中球減少症については、以下の情報をご参考に、医師の判断をお願いいたします。

解説

日本人の進行再発非小細胞肺癌患者へのラムシルマブ及びドセタキセルの併用投与による発熱性好中球減少に対する抗菌剤の予防投与については、以下の情報をご参考に、医師の判断をお願いいたします。

文献では、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)の投与により好中球減少症が抑制できる場合には抗菌剤の予防投与は推奨されないと報告されています1。実際、外国の臨床試験(REVEL試験)のRAM群では20例が、国内の臨床試験(JVCG試験)のRAM群では1例が、それぞれ抗菌剤の予防投与を受けずにG-CSFの予防投与を受けていますが、これらの患者では発熱性好中球減少症が発生しませんでした。

[参考資料]

1. Flowers CR et al. J Clin Oncol. 2013;31(6):794-810

最終更新日: 2019 M08 27


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットで問い合わせる 受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約