サイラムザ ® (ラムシルマブ(遺伝子組換え))

添付文書

以下は適正使用情報として、本邦における承認事項(用法・用量、適応、剤形など)以外の情報が含まれる場合がございます。薬剤の使用に際しては、最新の添付文書をご確認ください。

サイラムザ(ラムシルマブ)の組織への移行性は?

ラムシルマブの各臓器への移行性に関するデータはありません。

RAMの各臓器への移行性に関するデータはありません1)


参考としてRAMはモノクローナル抗体であり、静脈内投与後、そのほとんどが細胞外に分布すると推測されることから、組織分布に関する試験は実施していません。この推測はサルにおけるラムシルマブの分布容積が比較的小さいことから裏付けられ、ヒトにおいても分布容積は2.513.95 Lと、ヒトの血漿容積(体重70 kgの場合、約3 L)とほぼ同等であり、静脈内投与されたラムシルマブが血管外に広範に分布する可能性は低いと考えられます1)


[薬剤名]

RAM:サイラムザ(一般名:ラムシルマブ)


[参考資料]

1) サイラムザ インタビューフォーム


最終更新日: 2019 M08 22


お問い合わせ

電話で問い合わせる

0120-360-605

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

もしくはこちらからお問い合わせ下さい

チャットボットで問い合わせる 受付時間: 24時間365日問い合わせ対応が可能です。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせる

受付時間: 8:45~17:30 (土・日・祝祭日及び当社休日を除く)

メールで問い合わせる

MSLとの面談予約